緊急 事態 宣言 茨城。 (令和3年1月15日発表)県独自の緊急事態宣言の発令、「茨城版コロナNext」対策Stage4に強化/茨城県

かすみがうら市では、市民の皆様へアルコール消毒液の代わりとなる除菌水(酸性電解水)を無料で配布しています 国 自治体 会見詳報• 外出 特定警戒都道府県では引き続き、生活や健康の維持のために必要なもの以外は自粛を要請し、「接触機会の8割削減」の目標を掲げています
・混雑緩和のため、時差出勤の活用を要請します 県は鹿嶋市のサッカー競技について、「原則無観客」と決めましたが、「学校連携観戦」に伴う小・中学生の観戦動員は実施する方針です
そして、クラスターが多数発生している施設などは、使用制限の要請などを行うことを検討するよう求めています 期間は今月18日から来月7日までで、特別措置法に基づき、飲食店の営業時間短縮の要請を現在の28市町村から県内全域に拡大します
ボートで遊ぶ孫を眺めていた都内の男性は「これまでは一緒に出掛けるのを控えていたが、茨城も東京もコロナの陽性者が減ってきたので来た 茨城県からの要請の他、県内事業者に対する支援等につきましては、下記の県提供資料をご覧いただくか、茨城県の公式ホームページ等でご確認ください• 緊急事態宣言発令地域との不要不急の往来自粛をお願いします
延長せざるを得ないと判断した」と説明 大井川知事は延長の理由に県内の病床稼働数が高い水準にあることを挙げ、「 感染状況などが 改善しつつあるも十分好転はしていない
解除基準の達成と今後の対策 市町村別感染状況 本県の感染状況・稼働病床数の推移 県内陽性者の推定感染経路 対策1 クラスター対策の強化 対策2 「マスクなし」をなくす行動変容 対策3 会食時の感染症対策の徹底 その他の感染症対策等 緊急事態措置等の強化・緩和に関する判断指標 (令和3年2月5日改定) (茨城版コロナNext Ver. そのうえで、今後、感染状況などに変化があれば、各県がこれまでと同様、特別措置法に基づいた外出の自粛や休業の要請を行うことを検討するとしています 県内全域での外出自粛要請、飲食店の営業時間短縮要請、イベントの制限などの要請がありました

日本で新型コロナ関連の報道がされてから1年がたちますが、今もなお先の見通せない状況が続いています。

判断基準 今後、緊急事態宣言の対象地域を判断する際の基準が新たに示され、判断基準は大きく、「感染状況」と「医療提供体制」の2つに分けられます。

また不要不急の帰省や旅行など、宣言が解除されていない地域への移動は避けるように促しています。

学校の友人や部活の仲間と、いつも一緒にいるとき 「卒業式等での感染症対策」の徹底• 産業廃棄物処理業許可に係る郵送申請について(最新版) 新型コロナ感染症感染拡大防止に係る国又は県独自の緊急事態宣言が発令されたことに伴い, 産業廃棄物処理業申請については,対面での申請を中止し,郵送での申請に切り替えることにしましたので,お知らせいたします。

県は4月にも要請したが、適用は見送られている。

職場への出勤 特定警戒都道府県では引き続き、「出勤者数の7割削減」の目標を掲げて、テレワークやローテーション勤務などの強力な推進を求めています。

バー、カラオケボックスなど10業種については引き続き休業を要請します。

78

全国的に感染状況が少しづつ収まりつつありますが、国からの10都府県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、岐阜県、大阪府、京都府、兵庫県、福岡県)を対象に発令されていた新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が3月7日まで続いている状況です。

県独自の宣言の期間は当初、1月18日〜2月7日の3週間とされていた。

家族7人で訪れた水戸市の大久保泰亮さん 31 は、久しぶりという外出で羽を伸ばした。

いつになったらそれが解除されるのか、休業が解かれるのか、出口戦略の考え方と根拠も政府に明確に示してもらいたい」と述べています。

バー、カラオケボックス、劇場やスポーツクラブ、パチンコ店など24業種に休業を要請するほか、食事を提供する施設に営業時間短縮を要請します。

催物(イベント等)開催制限 イベントを開催する場合は、人数上限5,000人、かつ収容率50%以下とすることを要請します。

それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはからお願いします。

77