Qd レーザ 株。 QDレーザ(6613)のIPO上場情報

With My Eyes 2 -見えなかった世界を、見に行こう。

8億円となっている。

59倍 4500円 3000円 強気 【分析コメント】アクセス解析ツール「AIアナリスト」を用いたウェブサイト改善サービスを提供。

製造は協力会社に対して、同社が供給した仕様書に基づき、メガネユニット及びコントロールユニットの製造及び組立を委託し、同社にて検査を行った後に販売パートナーまたは直接顧客へ製品を届けている。

日本では20年1月に医療機器製造販売承認を取得済みであり、欧州でも19年10月に治験が終了し、現在は承認待ちである。

71
視力やピント位置に依存せず、常に映像がクリアに見えるメガネ型ディスプレイを販売しており、上場前から投資家からの期待が高かった。 ジェイテックCで. なお、以下の図はレーザデバイス事業の事業系統を表した図です。 レーザデバイス事業と異なるのは、前工程でつくられる半導体ウェハは汎用品に近いものなので、前工程も自社では行っていない(協力会社が他社から調達する)点である。 IPOで得た資金は、事業拡大にともなう量産のための製造費用に充てる予定です。 レーザデバイス事業で取り扱われる製品は、自社で開発する分野と外部企業に製造委託する分野に分割することで、得意分野への集中や経営の効率化に取り組まれています。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 最終的には凹凸の高さは1nm以下(原子数個分)となり、【現在世界で最も凹凸の無い面を作り出すことに成功した加工法であり、原子レベルで平坦な表面】を作製することができます。 想定価格が低く、買いは入りやすいですが、公開株数が非常に多く、需給的にもむずかしいように感じます。 また、消費者向け製品としてメガネ型ディスプレイの展開に期待。 しかし、2月末になると、米国の長期金利上昇などの影響で、日経平均株価は一時1200円超下落し、IPO株の多くも急落した。