年賀状 一 言 ビジネス。 【取引先や企業宛へのビジネス年賀状のマナー】挨拶の文例やテンプレートをダウンロードできるサイトを紹介

メッセージを書く際に、「印刷されている内容とメッセージとが被らないようにすること」「相手に向けた気持ちが伝わるような話題を心がけること」の2点に気を付けることが重要です。

もし具体的な案件でお世話になったことなどあれば、それについて書けるといいですね。
旧年中の感謝、お礼の言葉• 元旦は「一月一日の朝」のことなので、「一月元旦」という表記は重複表現で誤りです。 人数が多い場合は、「〇〇御一同様」とすることも可能です。 〈7〉差出人の住所と氏名• 今年もご支援ご指導の程 よろしくお願い申し上げます• 御社のますますのご発展を祈念いたします• そのため、年賀状を受け取る本人にとって、家族などほかの人に知られたくないことを書かないようにすることは、最低限の配慮としてすべきことです。 新しい家族が増えそうです• ビジネス年賀状のデザインはどうするべき? 落ち着いた雰囲気のものを選ぶ ビジネス年賀状のデザインは、カラフルで派手なデザインのものは控えるようにしましょう。 宛名は手書きで! 宛名は全て手書きで書くことは、 目上の方へ送る際のマナーです。 宛名面の書き方:受け取り手と差出人の住所、氏名をバランスよく配置 年賀状の宛名面は、受け取った相手が読みやすいように、住所・氏名をバランスよく配置しましょう。
37
まだ年賀状を出している方の中にも、必要性を感じられないまま惰性で続けているという方もいらっしゃることでしょう ただし、相手が読みやすいように、表面と裏面の縦横は統一しましょう
挨拶文のテンプレートのパターンも相手に合わせて変更することができるので、あとは添え書きのメッセージを考えるだけでかんたんにビジネス年賀状を作ることができます 特に祖父母や両親、親戚、恩師など目上の方への添え書きは、砕けすぎていないか、礼儀を欠いていないかなど、気になる方も多いと思いますので、添え書きを書く上で押さえておきたいポイントをいくつか紹介します
スマホから5分でお申込みしていただけるので、簡単かつお得に年賀状を印刷できますよ 年頭にあたり謹んで御繁栄と御多幸をお祈り申し上げます• 「明けましておめでとうございます」と2回同じ意味の文面を書いている事になってしまい、文章としておかしくなってしまいます
どんな一言でも良いので「自分に向けて書いてくれた」と相手が感じる言葉を書きます )は入れないのが通例です
本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます• 忌み言葉は避ける 忌み言葉とは「終わる」「切る」「失う」「去る」など縁起が悪いとされている言葉です 「去年」や「失礼」などはついつい使ってしまいがちですので注意しましょう
くれぐれも失礼のないように、 細心の注意を払って書きましょう 今後も何卒よろしくお願い致します
75
気をつけておきたいポイントと、前向きな向上心が感じられる一言を添えるように意識して、ビジネスにおいて良い関係がさらに築けるように心がけましょう。 また、字は キレイに丁寧に書くよう心掛けましょう。 年賀状に使ってはいけない言葉 新しい年の最初のご挨拶には、忌み言葉を使わないように気をつけてください。 賀詞などが重複しないようにする 賀詞で気を付けなければいけないもう一つのポイントとして、4文字の賀詞と文章の賀詞を重複させないようにしなければなりません。 年賀状であれば 「筆ペン」などを用いて書くと、より季節感や丁寧さを感じておすすめです。