トヨタ シエンタ g。 シエンタ DICE-G(トヨタ)の中古車

2代目では、車いすのままスロープを乗降できる「車いす仕様車(タイプI)"助手席側セカンドシート付"」が「型式指定自動車」として設定。

トヨタシエンタは、コンパクトな5ナンバーサイズに7人乗り、両側スライドドアを持つミニバン。

詳しくは販売店スタッフまで。

また、車いす仕様車はスロープ前倒れ機能の設定を拡大し、全車標準装備となった。

ボディカラーは、全8色。

荷室の両サイドにはそれぞれ9個のユーティリティーホールが設けられており、フックやシステムバーを装着すると用途に合わせて機能をアレンジできる。

57
・支払回数60回(5年)、実質年率3. 2WD車では、エンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御を改良し、燃費を10・15モードで19. トヨタカローラ店専売車種となった 電動格納ミラー• ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーマイカメタリック、ボルドーマイカメタリックとあわせ全4色をラインアップ
ETC• フルフラットシート• ウェルキャブは、インテリジェントクリアランスソナーの未設定やボディカラーの設定が異なる点を除いてベース車に準じた改良を実施 「X」と新設定の「FUNBASE X」は引き続きメーカーオプションだが、その他のグレードは標準装備となった
「定期点検整備なし(要整備箇所あり)」の場合、整備箇所につきましては、販売店へお問合せください ハイブリッド車ではとして採用している事業者もある
フラットフロアに2-3-2 7人乗り のシート配列 従来からの「X」・「G」に加え、専用のフロントデザイン、リアコンビネーションランプ、ホイールキャップ(グレーメタリック塗装)を採用し、アクティブな外観とした「DICE(ダイス)」と「X」にディスチャージヘッドランプ(オートレベリング機能付)、助手席側パワースライドドア(挟み込み防止機能・リモコン付)、コインポケットを追加装備し、インテリアカラーを選択できる「X"Lパッケージ"」を新設
ポータブルナビ• いろいろオプションを加えていくと結構な値段になってしまい、試乗車は300万円超えだった シエンタの安全性能の特徴 トヨタには「Toyota Safety Sense」という先進安全性能のパッケージがあります
86