銀座 線 路線 図。 東京メトロ銀座線

(昭和31年):一部列車で5両編成での運行を開始 (昭和28年)12月1日:路線名称を銀座線と決定
これらの百貨店の多くが地下鉄開業以前の開店か同時期に創業の老舗であり、買物客の誘致を図って、古くから地下鉄と百貨店各店とのも積極的に行われてきた , 2020年11月14日閲覧
主要駅からの所要時間• 駅数:19駅(起終点駅含む)• そして、(平成16年)の営団の民営化に伴う「東京地下鉄」の発足に際しては、上野駅で発車式が行われた しかし戦争激化による電力不足のため、(昭和18年)以降は節電ダイヤとして、一部列車の運行区間短縮(一部列車の三越前駅 - 渋谷駅間折り返し運転、休日は運休)や速度低下などの措置がとられる
その後、(平成9年)には開業に伴い、全線所要時分は55秒増えた31分25秒となり、運用数が1本増えた35本(予備3本)となった (昭和12年)• 9 東京地下鉄: 南北線 N-06 ・ 丸ノ内線(:M-14)・ 千代田線(国会議事堂前駅:C-07) G-07 0. (昭和11年)• 1 東京地下鉄: 日比谷線 H-18 (改札外乗り換え) 東日本旅客鉄道: 東北新幹線・北海道新幹線・山形新幹線・秋田新幹線・上越新幹線・北陸新幹線 ・ 山手線 JY 05 ・ 京浜東北線 JK 30 ・ 宇都宮線(東北本線)・高崎線 JU 02 ・ 常磐線(快速) JJ 01 ・上野東京ライン : (:KS01) G-17 0. その後も通過人員が減少するが上野広小路 - 上野間は206,943人であり、上野駅までは一日平均通過人員が20万人を超える
3 km)に短縮され 、二子玉川園 - 渋谷間(東急新玉川線の建設を予定)は銀座線規格の第三軌条方式の路線から架空電車線方式の路線となり、新たに追加された第11号線()の一部となった :全列車を2両もしくは3両の運行とし、単車運転を終了
3 東京地下鉄: C-04 ・ 半蔵門線 Z-02 G-03 0. (昭和6年)• 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』2012年12月臨時増刊号鉄道車両年鑑2012年版記事 1941年(昭和16年)9月1日:路線を帝都高速度交通営団に譲渡
17 51