イヨマンテ の 夜。 高瀬アナも大絶賛 のど自慢で「イヨマンテの夜」熱唱の中1男子にお茶の間騒然/芸能/デイリースポーツ online

完全にシャッポを脱いだ。

そんな昭和後期。

- 歌手(1950年に古関の作曲で世に出す)• 「アーホイヨー」の歌い出しは雄叫びにも似て、伊藤が朗々と歌い上げる。

この楽曲で完全復活をした久志の音楽への情熱・思いをぶつけました。

つまり、「のど自慢」には最適の曲だったのです。

63

以降、相当後々まで NHKの「のど自慢」では声量自慢の男性らがこの歌を持ち歌とした 迷惑したのは審査員だった。

本当のイオマンテは 厳粛な神事 イオマンテは厳粛な神事である 肉と毛皮の土産を携え神の国から 来訪する熊の神に 「 人間界の楽しさ」を堪能していただき、その上で肉体と魂を分離する。

「こんな難しい歌は売れっこありませんよ」。

そして、せっかく作ったレコードなのに、ろくに宣伝もしてくれなかったのです。

同年から翌年にかけて、NHKの「のど自慢素人音楽会」の男性出場者は、決まってこの「イヨマンテの夜」を歌ったといいます。

- 歌手(CD収録)• 高瀬アナも中学生の歌声にエールを思い出してしまったようだ。

44