ジャネット ジャクソン。 ジャネット・ジャクソン『Rhythm Nation 1814』例外的である独自の何か

「まぼろしの恋人」 Where Are You Now ジャクソン、ハリス・III、ルイス ジャクソン、ハリス・III、ルイス 5:47 22. 『ジャネット』と題された本作は1982年にリリースされたデビュー・アルバムの40周年を記念したものとなっている。 エコー&リヴァーヴ等を駆使した、録音物としてのヴォーカル・マジックなのだと思う。 1980年代 [ ] 兄弟とのデュエット曲やバックボーカルとしてのキャリアはあったものの、本格的にシンガーソングライターの道を歩み始めたのは、彼女が16歳の頃である。 スウィング・エラ(ハーレム・ルネッサンスとも重なる)の街を舞台に、新聞を見て「この街でキャブ・キャロウェイが公演?!」と浮かれるジャネットたちが、時代を反映したズートスーツ姿で歌い踊る。 Eissa君が誕生した後、ジャネットとウィッサムは自宅でできるだけの時間を息子と一緒に過ごしており、ほとんど来客も訪れていないと他の関係者は話していた。 特にタイトル曲。 それぞれに独立宣言であり、キャリアを再定義した重要作でもある、という意味でよく似ている。 3日間のオークションはジュリアンズ・オークションで5月14日・15日・16日に開催され、これは5月16日のジャネット・ジャクソンの55歳の誕生日を記念したものとなっている。
6
こうした耳障りでほとんど機械的な伴奏とは対照的に、ジャネットの女の子っぽいヴォーカルは人間味たっぷりで非常に魅力的。 carousel-content:nth-child 6 ,. 『』 - ()• ここで、ダイアナ・ロスの1980年作『』を思い出そう。 そんな7分以上のビデオに、ホンマもんのキャブ・キャロウェイが出てくる展開が美しい。 (フジテレビ)• これがジャネットにとって初めての独力作曲というから、とても興味深い。 からファースト・『』をリリースしたが、商業的には不発であった。 非難されたのはティンバーレイクではなく、ほとんどがジャクソンだった。