ファスティング 回復 食 1 日 目。 ファスティングの回復食おすすめメニュー【断食後5日間のメニュー例】

3日目までは固形物は控えめで消化に良い料理で野菜・海藻・発酵食品・味噌汁などを摂る• マヨネーズやドレッシング、バターなど脂質が多いもの。

困った時に助かるので、 断食での酵素ドリンクは容量多めで選ぶと良いですよ! \おすすめの酵素ドリンクはこちら/ 1セット1200ml以上あって回復食分も完備です 回復食としての納豆の食べ方 回復食として納豆を食べる場合、いつもの朝食で食べるような納豆とは違い、 ほんの少し体に気を使って食べる必要があります。

例えば、ファスティングを3日間行ったのなら、回復食も3日間食べるという事です。

冷たすぎたり熱すぎるもの• チョコレートやクッキー、ケーキ、どら焼きなどのスイーツ類。

ファスティングの効果を長続きさせるためには回復食がとっても大切。

糖質が多いおかゆは初日は控える• 回復期3日間の食事メニュー 回復期間は、 ファスティングした日数と同じ日数行うことが基本です。

ファスティングによるダイエット効果は新陳代謝にあり ファスティングを行うことで身体の治癒力は高まりますが、なぜダイエット効果があるのか知らない人が多いでしょう。

炭水化物ばかり食べないようにする 回復食としてお粥を食べる人が多いですが、炭水化物ばかり食べ続けるのはやめましょう。

野菜粥 夕食からは、柔らかく煮た食べ物が食べられます。

79
おかゆはファスティングがダイエット目的なら回復食初日は控えるのがおすすめ• 卵は2日目以降は控えて 鮭チャーハン(少量)• 炭水化物に動物性・植物性タンパク質がバランス良く食べられて、しかも糖質が控えめなのでファスティングの回復期間にピッタリ
ちゃんと休憩させてあげないとなって今は思います これは準備食も同じ
植物性プロテイン、豆乳ヨーグルト(無糖) 回復食1日目の夕食に引き続き、柔らかい食べ物が中心 笑 あっ、でも一人は絶対に無理だった
サラダもちょっとなぁ・・・ という感じで、消去法でスムージーに決まりました 回復期には野菜や素材の味を味わう食事を楽しんでみてください
1日目• 回復食は、ファスティングが終わった後、 内臓を普段の食事が摂れる状態に戻すための、大切な食事です ファスティング後の回復食に食べて良いもの・ダメなもの 回復食には積極的に食べたいものと、逆におすすめ出来ない食べ物があります
食事は腹六分目〜腹八分目で摂ります 1回のみの注文で休止・解約ができる• どれも野菜がたっぷり使われていて、大豆や白身魚など植物性・動物性タンパク質も同時に摂ることができます
朝食:重湯や、野菜スープなど栄養がある液状のもの• スムージーも糖分が沢山使われているものは控えて、青汁などを選ぶと余計な糖分を摂らずに済みます ファスティングすると、より便秘になってしまうタイプだから難しいのかも
6g、カロリーは82kcalとヘルシーなスープの中には柔らかく煮込まれたトマトが丸ごと入っている他、たっぷりの緑黄色野菜が使われています でも「野菜のすりおろし」って・・・それはイヤだなぁ
おかゆ(梅がゆなどの具が少ないもの)• 次にほうれん草を茹で、水にさらし絞った後、食べやすいサイズに切りましょう コンビニ食はファスティングの回復食に使える? 料理が苦手、食事を用意するのが面倒という場合はコンビニで買える回復復に適した食事を活用するのも一つの手です
詳しくはTHEONEオンラインストアをご覧ください どっちかというと、「アボカド」とか「もずく酢」がめちゃ食べたくなっている