白血病 あざ。 白血病のあざの特徴。どのような症状?

has-watery-green-answer-color. 貧血は、体の赤血球の量が少ない状態です。

移植した血液細胞が免疫の力を発揮して、患者の全身を異物として攻撃するのです。

最初のあざが治る前に、次のあざが出来て、それはどんどん増えて行きます。 怪我をして出血した時に、血液は徐々に固まってかさぶたとなりますが、それは血小板の働きによるものなのです。 この「移植前処置」は体への負担がとても大きく、副作用も深刻で、命に関わる場合もあります。 但し、白血病だからといって、必ずしも白血球数が増加しているとは言えず、時には正常範囲内やむしろ減少している事もあります。 すると骨髄から作り出されて血管内に送り込まれた血液成分も悪い血液成分ばかりで血球や血小板など正常な血液成分が低下し本来の機能を果たせなくなってしまうわけです。 また、あざも治りにくくなります。 白血病によるアザは、身体をぶつけた覚えもないのに、複数か所にアザができたり、アザが非常に治りにくいという特徴があります。 has-deep-orange-question-color. がん細胞が増殖するにつれて、正常な赤血球や白血球が減少していくことになるのです。 白血病の初期症状でできるあざの特徴とは、どのようなものなのでしょうか。
19 66