バレー オーバー ハンド パス。 オーバーハンドパス(トス)

バレーボールのレシーブは基本的には「オーバーハンドパス」か「アンダーハンドパス」のどちらかでプレーします。 ボールを返す方向に体を向ける この3点を常に識することで、 基本の動きが身につき、実戦でも 役に立つのです。 場合によってはフェイントで リバウンドをとったり、 相手のコートの穴を最初から 探しておくことで対処ができます。 何十回かパスをして慣れてきたら、わざと返すパスの距離を変えましょう。 「レシーブは全身を使ってやる」というのが基本です。 オーバーハンドパスでバトンをもらう側の注意点 なんといってもスピートが重要です。 ひとりでパス 1人で頭の真上に連続してパスをします。 手首の使い方を意識すること• 陸上のリレーのバトンパスをオーバーハンドパスにするメリットとデメリット 一般的によく使われているバトンパス方法の「オーバーハンドパス」ですが、どうしてこんなにも主流に取り入れられているのでしょうか? メリットやデメリットについても紹介したいと思います。
もっとも でも、アンダーハンドパスで取るということは・・・ ボールは落下を始めていて空気抵抗を 大きく受けやすくなっている状態でもあります
腕の力はほとんど使わなくていいですよー! 手にボールが乗ったら脚を一歩前に出すようにしてみましょう 手じゃなく身体でコントロールする 今回は、オーバーハンドパスをした直後のフォームに着目して解説します
パスをするときゴツっとなる• 前に出している足に体重を移動させながら、 ボールにも体重を乗せていくことで、 より簡単により遠くにボールを返すことが できます キレイなオーバーハンドパスができるように、 頑張って練習してください
何度も書きますが、 ある程度音が出ても構いません、 パシッ位は普通です もっと上手になりたい! LEADはそんなあなたの為のクラブです
動画で学ぶ!上達するオーバーパス(オーバーハンドパス)の練習方法! この動画は女子の9人制社会人バレーボール、全国でもトップチームの富士通テン(現在はデンソーテン)の監督さんが指導している動画です 慣れれば簡単に修正できるのですが、 慣れないうちは頑張ってオーバーで トスを上げるように心がけましょう
やり方は、 壁に向かってボールを押し当てていくのみ!これは、肘や手首の使い方を体で覚えていくための練習です 特に新チームになったばかりで 個人技術が未熟なチームであれば尚更です
慣れるまでは、1回ずつ下にボールを落としても大丈夫です 直上キャッチ まず両足を肩幅程度に開き、オーバーハンドパスの姿勢を取ります
57