札幌 市 時短 要請。 札幌の「まん延防止」指定要請決定 時短は午後8時まで [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

飲食店(施設内で食事をすることが目的の施設)又はカラオケ店もしくは結婚式場であること• 札幌市内で、食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けて営業していること• ・営業時間:午前5時~午後8時 ・酒類提供時間:午前11時~午後7時 ・業種別ガイドラインの遵守 - なし 新規開業(開店)の場合 開店から1年未満の場合、2019年又は2020年の売上高の実績がないことから、下記の方法で「1日当たりの売上高」を算出することとします。

要請に従わない場合は知事による命令が可能となり、さらに応じない場合は20万円以下の過料を科すことができる 上記の要請に、原則、令和3年(2021年)1月16日(土)から令和3年(2021年)2月15日(金)の全期間において協力いただいた事業者の皆様には、札幌市から支援金を支給します
また、全面的にご協力いただいた事業者には、支援金を支給いたします 政府が大阪や東京などに対する緊急事態宣言を検討するなど、全国的な感染の急拡大も考慮した
「 」に基づく対策の徹底 要請内容の変更について(令和3年5月6日以降) 令和3年5月6日(木曜日)からの要請内容は、以下2点となります 道は今後の目標として、道内の新規感染者数を「週133人以下」、病床使用を「250床以下」に設定
主な支給要件 原則、令和3年4月27日(火曜日)~令和3年5月11日(火曜日)の全期間において、要請に応じること 各業種において、業界団体が策定したガイドラインを踏まえた感染防止対策の実践
施設には1千平方メートルごとに20万円を基準として短縮した時間に応じた額を、テナントには100平方メートルごとに2万円を基準とした額を日数に応じて支払う 市内の公共施設についても利用制限を検討しています
札幌市豊平区の会社員進藤幸義さん(60)は3日、道と札幌市の対応に苦言を呈した ・営業時間:午前5時~午後9時 ・酒類提供時間:午前5時~午後8時 ・業種別ガイドラインの遵守 遅くとも5月8日以降、下記全てに協力している
21
対策本部会議で鈴木知事は「内でのこれ以上の感染急拡大を抑え、医療提供体制の崩壊を防がなければならない。 道と札幌市は19日、同市内での新型コロナウイルス感染拡大を受け、再び市内全域の飲食店などに営業時間短縮を要請する方向で検討に入った。 札幌市内の飲食店等の支援金に関するお問い合わせ先は、専用ダイヤル( 011-330-8396)となります。 札幌市は「まん延防止等重点措置」の適用の検討も求めていますが、道は慎重な姿勢です。 上記の要請に、原則、令和2年(2020年)12月26日(土)から令和3年(2021年)1月15日(金)の全期間において協力いただいた事業者の皆様には、札幌市から支援金を支給します。 誓約書<様式2>、 店舗掲示用ポスターの例 営業時間等を店舗に掲出いただく場合の例です。
85