犬 マイクロ チップ。 犬のマイクロチップのメリットとデメリット。費用や登録場所についても解説

迷子や盗難、災害が起こったときにマイクロチップがあれば愛犬が早期にみつかる可能性が高まります 【参照】 動物愛護管理法 マイクロチップのメリット マイクロチップのデータは、専用の「リーダー」で読み取ります
MRI画像においては若干乱れが出るケースがありますが、診断への影響はありません 電子標識器具というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、要するに動物の小さな小さな名札と考えてください
同時にマイクロチックのメリットとデメリットの両方を獣医さんから聞いて、正しく飼い主さんとして判断をすることが求められます また、ID普及推進会議(AIPO)のホームページの専用フォームでの変更も可能となっています
埋め込まれるのは皮下なので、触るとわかる場合もあります それぞれのマイクロチップに記録された番号について飼い主の情報を登録しておくことで、ペットが迷子になって保護されたら、より確実に連絡を受けられます
また、情報の登録に別途1,000円の費用がかかります 登録が済みましたら、データ登録完了通知書(ハガキ)をお届けします
MC自体は電源を必要としないので、電池の交換は必要なく、一度動物の体内に装着されれば一生交換する必要はありません 【参照】 環境省統計資料 「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」 環境省「東日本大震災におけるペットの被災概況」 仮に首輪や迷子札に飼い主さんの情報を記載していたとしても、それ自体が破損してしまったり、外れてしまったりすることがあります
6
3 犬の所有者は、前項の鑑札をその犬に着けておかなければならない 装着方法は、通常の注射針よりも少し太めのチップ注入器を使って、体内に注入します
また、海外では既にマイクロチップの義務化が遂行されている国があり、その傾向は特にペット先進国であるヨーロッパで顕著 ペットの飼育放棄や遺棄を減らす 日本では「飼育できなくなったから」と山などに捨ててしまったり、保健所などに置いて行ってしまったりする飼い主がいるのが現状です
日本では2004年に「犬等の輸出入検疫規則」が改正され、犬等の動物を日本へ輸入する場合にはマイクロチップの装着が義務化されました 登録の申込書に添付されている振り込み用紙の指示にそって振り込みを行う
「飼育者控」は飼育者が保管し 後の住所・連絡先等の変更時に必要となります 、「獣医師控」は動物病院等で保管します 装着費用が高い 迷子札なら数百円程度で準備できますが、マイクロチップは埋め込みにだいたい3000円~5000円かかります
2019年6月に改正動物愛護法が成立したことによって、ペットショップなどで販売される犬・猫へのマイクロチップの装着が義務化、一般の飼い主(飼育者)に対しては努力義務となりました 義務ではありませんが、努力義務として推奨されることになります
85