エレキブル 育成 論。 エレキブル育成論:ポケモン個人的育成論 by∞翼∞

投稿者:えくれあ• そのため、耐久を落とした性格にし、・・と言った特殊技も採用される。

といっても、物理型がメインのエレキブルは状態でが必中になるというメリットを持つとはアンチシナジー。

目覚めるパワー草 地面に有効。

一致じしんクラスになるとH振りだけでは耐えることは出来ず、火力がないこともあってなどの相手をすることは出来ない。

けたぐりの方が通りやすいが、こちらはダイマックスに対しても有効。

調整等は後程。

ただ、でんきタイプのみでの構成(いわゆる電気統一)など、でんきタイプの技を呼びづらいパーティの場合はこの特性を採用することもある。

電気技に合わせて エレキブルを出し、 でんきエンジンを発動させます。

サンダースやランターン、ジバコイルなどが攻撃範囲 第五世代 念願のメインウエポンとしてを獲得
まず、特性は でんきエンジンになります 両刀は物理受けや特殊受けで止まりにくいですので
技威力と反動のせいで、火力や耐久も数値以上に物足りない 1kg以上ならクロスチョップ以上
「でんきエンジン」発動で素早さが上がれば、素早さに性格補正をかけなくても最速130族や最速マルマインを抜くことが可能です しんかのきせきで耐久は上がるが、耐久無振りだとメジャーどころからの確定数はとさほど変化はない
地震 電気へ有効 特にを抜けなくなったのは痛い
持ち物について 物理技の幅も広く 「こおりタイプ」や「じめんタイプ」の 物理技を習得できる特徴も プレイヤーに選ばれる理由の一つだ
2発目以降は威力1. でんきエンジンが発動した場合などや状況に応じてダイマックスするのも良いとは思いますが、今回はダイマはしないという条件のもとでこの型について説明していきます 特攻もそれなりにあるので二刀流も可能で、豊富なサブウェポンを相手に合わせて打ち分けることが出来る
特にを抜けなくなったのは痛い 第四世代と変わらずを始めとするじめんタイプのアタッカーには弱かったが、ファイアロー、ボーマンダ、トゲキッスなどひこうタイプの多くが活躍していた環境であったため、特にサイクル戦を重視するプレイヤーにはそこそこ有効なポケモンではあった
一方、耐久面に関しては大したことが無いと言えるので、攻撃力の高いポケモン相手には交代で出すことは控えたいところです 対エレキブル 注意すべき点 特性とじしんにより、同じタイプに強い
55
技について。 めざパは面倒なら冷凍Pでかまわないと思います。 特に 「じめんタイプ」の ポケモンに効きやすい攻撃技は 「れいとうパンチ」のみだ。 進化前後 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 合計種族値 備考 エレブー 65 83 57 95 85 105 490 95 137 しんかのきせき無振り エレキブル 75 123 67 95 85 95 540 エレキブルと比べSが10高い。 コメント 22 みんなの評価 :• 攻撃的な効果の道具や 「ふうせん」の如く 「体力」を気にしない道具を推奨する。 種族値です。 物理技のみを揃えた場合、前述によって一部のポケモンの突破が困難になるが、逆にそれらのポケモンが来ない場合は物理技のみで十分に活躍できる。 伝説相手にも有効な素早さ レジエレキは素早さを活かし、禁止伝説級のポケモンに対して行動しやすいと言えます。 ランドロスだけを安定してみるなら耐久調整なしで襷型も考えたのですが火力足りなくて受け切られてしまいますからね。 やを持つに。