泡盛 原料。 泡盛は本格焼酎とどう違う?原料や沖縄の歴史とのつながりを知ろう

その影響か沖縄県民も「お酒に強い」イメージが一般的ですよね。

これは、雑菌が繁殖する前に発酵を終わらせ、なるべく早く次の蒸溜工程へ移るためで、高温多湿の沖縄ならではの造り方といえます。

アーカイブ• ジョイホワイトは芋焼酎専用に開発された新世代品種で、それまでの芋焼酎と異なります。

歴史的な理由 明治時代に入るまで、現在の沖縄県は琉球王国という独立国家でした。

一般的に、芋焼酎は蒸し焼きにしたさつま芋のような香りを放ち、芋本来の香りや風味がダイレクトに焼酎の味わいとして表れる特徴があります。

83

種麹には黒麹を使い、米焼酎とは異なる製法で個性的な味わいに仕上げられます。

ただ、添加物の入った泡盛の場合は話が別です。

蒸留 焼酎の蒸留機は、単式蒸留機(ポット・スチル)と連続式蒸留機(パテント・スチル)に大別されます。

割り方によっては1杯あたりの糖質が10g前後になることも考えられますし、もしジュースなどで割るのなら飲みすぎには気を付けてください。

一方で、泡盛では主な原料にタイ米が使われます。

では、沖縄県でしか泡盛が造られないのかというと、そういうわけではありません。

交流が盛んだったシャム国 現在のタイ から蒸留酒がもたらされ、その製法にならって造られたという。

また、タイ米は一般的な米焼酎で使われるジャポニカ米と比べて糖質が高い傾向にあり、泡盛のアルコール度数が高い理由も、タイ米を原料として使用することに原因があります。

50

要するに、泡盛は焼酎のひとつと見なされているのです。

焼酎や泡盛の主な原料 焼酎や泡盛に使われる主な原料について解説します。

こうして造られた泡盛は、おもに江戸幕府や中国王朝への献上品として用いられていました。

また、タイ米は一般的な米焼酎で使われるジャポニカ米と比べて糖質が高い傾向にあり、泡盛のアルコール度数が高い理由も、タイ米を原料として使用することに原因があります。

インディカ種の細長い米だ。

でんぷんを多く含むコガネセンガンが、もっとも多く使われている品種です。

令和元年8月24日(土)、名護市真喜屋の水田にて、地元農家の指導の元、泡盛業界関係者が泡盛原料用長粒種米(インディカ米)の作付けを行った。

一方、 焼酎の方は、黒麹(くろこうじ)を使った製品もありますが(霧島酒造の「黒霧島」などがそう)、それに限定されず「 黄麹(きこうじ)」や「 白麹(しろこうじ)」と言われる種類の麹も使われます。

ウイスキーやブランデーなどの洋酒にも、数十年物の古酒が存在します。

88