八 門 遁甲。 八門遁甲術(はちもんとんこうじゅつ)

7件のビュー• 以上この歌訣は活盤奇門遁甲・飛盤奇門遁甲ともに同じではあります。 97
9件のビュー• 天盤と地盤の組み合わせは奇門遁甲において重要 この他にも、八作門とも呼ばれる「八神」を使用します
6件のビュー• 奇門遁甲の流派によっては、この八神を重視する流派もあります 金はないのですが良ろしく頼むと言われた
奇門遁甲は、実に様々な流派が存在するため、何を重視するのか、どのように盤を構成するのかなどは多種多様になります ちなみに八門遁甲の語源は、古代中国で行われていた方角の良し悪しを見定める占いの名前と思われます
そのまま凶方位に移動するのではなく、迂回して吉方向に寄り道をします 遁甲演義巻三• ここでの奇門遁甲の代表になるのが「三奇六儀」になり、十干から甲を除いた九干になります
傳統算命黄金占星術(Aureum ASTROLOGY)では伝承された八門遁甲術(はちもんとんこうじゅつ)をもとに実際に使用して効果のある格局(かっきょく)のみで鑑定いたします 現在の時の干である丙は震三宮にあり、それでこの時に天蓬を震三宮に入れて、その後に九宮の順序に沿ってその他の星を順排する
八門を利用し、目的別に細かく方位を選んで占うのが奇門遁甲の特徴です これは玄女式がであることを知っている人物による編集の結果であると推測できるが、奇門遁甲でも『』を使用する技法のあることを知らない人物による編集であったことも意味している
流派により、「白虎 玄武」の八神を考慮することもありますが、ここでの奇門遁甲では、勾陳と朱雀にて表記し意味合いを考慮していくものとしています 血のにじむような努力は必要ですが、どんな人でも習得のチャンスがある平等な術でもあります
奇門遁甲の創始伝説によると黄帝が蚩尤と戦っていた時に天帝から授けられたとされる 「休門」 疲れた脳や身体を休めるためにいい方位なので、慰安旅行や休養を行う際はこの方位がいいとされています
29