如意 伝 史実。 嫻妃(継皇后)輝発那拉氏 :乾隆帝の怒りをかって地位を奪われた悲劇の皇后

63
「令嬪」とは「聡明で賢い人」という意味です。 そして彼女を見つけると、どうして落選したのか尋ねた。 黄綺瑩 こうきえい…格格• 『如懿伝』の乾隆帝は真面目な好青年で、妃に迎えた幼なじみの恋人・如懿を守るために心を尽くすことに。 しかしこれ以上ひどくはならないだろうと見ていたのに「朕は毒婦なんて育てない!」って…もうびっくりしちゃって笑うしかないですよ。 如懿と海蘭は『協力できない』と一蹴する。 政治面以外の業績としては、乾隆帝は数多くの漢詩を作る詩人の素養もあり、中国の伝統的な文学を奨励した。 その後、慈寧宮へあいさつに訪れた如懿は、『后妃ひとりだけに権力が集中しないように』と皇太后より圧を受ける。