江南 厚生 病院。 江南厚生病院|JA愛知厚生連

これからも通院でお世話になりますが、身体の異常があればすぐわかるので安心です。 神経内科• 「器質的疾患から心因的疾患まで」 感染症、心臓、腎臓、神経、アレルギー、新生児、内分泌・代謝疾患、心身症(カウンセリング)等の診療機能を有し、こどもの総合診療科としての役割を果たす。 マンモグラフィ検診施設画像認定施設• たとえば、救命救急センターでは若手医師も第一線に立ち、患者さんの救命に尽力してもらっています。 経験を積み、知識を深める環境を整えることで、今後の医療を担っていく医師の育成に努めています。 2008年6月より、尾北小児科医会の開業医の先生方8名が交替で江南厚生病院内で小児休日診療を行う小児救急医療システムが稼働しています。
48
なお、前身の両病院名の石碑が院内の庭に設置されている。 江南厚生病院 外観 当院は、1935年1月に開院した愛北病院と1936年11月に開院した昭和病院が、2008年5月に統合して開院しました。 医師からすれば、誰が執刀しても構わない程度の症状だったかもしれませんが、簡単な説明すらしないのは、患者の気持ちを理解する気がない医師だったんでしょうね。 江南厚生病院の職員が働きやすい環境を整える 職員の多様な働き方をサポートするための取り組み 職場満足度調査を実施し、各部署で困っていることはないか、改善できることは改善していき、より職員が働きやすい環境を整えています。 先生も経験豊富な方なので安心して手術をうけられました。
93