宮 二 次 小説。 宮二次小説ヒョリンの懐妊, ヒョリンの秘密

シンチェの宮創作小説を置いてます。 皇太子の俺の両親は当然この国の皇帝陛下と皇后様。 「シンは?シンは元気?私のこと、何か言ってなかった?」 『っ』 こんな時間にヒョリンが電話してきたのは何か理由があることは、すでにインも薄々勘付いていた。 」 シンはインからの電話も着信拒否にした。 キム内官と一緒に来た尚宮が皇后の傍に行き、皇后の耳元で小声で報告する。 ヒョリンが去った今、ちょっと書いてみたいなと思います。 予定していたよりも時間が遅くなったが、今日はこの後は何も無い筈だったのでまぁいいかと少し疲れた体を車のシートに預けると ーーー俺と幼馴染のチェギョンは小さな頃からずっと一緒だった。 と思っていた。 「結婚しないか? 宮~Love in Palace~の二次小説&バンコク滞在日記 記事一覧 *** プロフィール Author:さゆりん Yahooブログから引越してきました!2020. 何やら嬉しそうに微笑んでいた。
20
つたない文章ですが一緒に楽しんでくれるとうれしいです。 シンチェの宮創作小説を置いてます。 妃につらい思いさせたくない。 「ヒョリンは俺と似てる」 スニャン:「御曹司達と一緒にミン・ヒョリンの所にも行ったって聞きましたけど?」 シン:「行ったよ。 「ああ、そうだな STILL=one more thing=2,韓国ドラマ「宮」二次小説 YAHOOブログ終了に伴うお引越し 名前:美夢 みむ 一言:ようこそ!検索で辿り着いて下さった方ありがとうございます!よろしくお願いします!もしよかったら下の「読者メッセージを送る」からメッセージ ヒョリンは考え込んでいる風ではあったが、これ以上僕からは何も引き出せないと思ったのか、 ありがとうと言うと、そのまま立ち去った。
38