ご 無理 を 申し上げ まして 恐縮 です が。 「ご無理を申し上げ」の言い方(例)|#話術.com

また、相手が後輩であっても必ずお伺いを立てましょう。 ご無理を申し上げ心苦しい限りですが、諸般の事情をご賢察のうえ、なにとぞご検討のほどをお願い申し上げます。 「ご無理は申し上げません」と宣言しておくことで、「無理だというのであれば断ってもらっても構わない」という相手に対する選択の余地や、低姿勢な姿を見せることができます。 」です。 何か依頼をするときに「ご無理でしたら〜」を使用することで「都合が悪かったら断っても構いません」という相手に選択の余地を与えることも可能です。 この場合、 「無理なお願いを致しまして、申し訳ありません」とします。 多忙な中、さらに追加でお願いが来るということは、本当に忙しい人にとってはやることが増えるだけで、精神的にも負担をかけてしまいます。 しかし、「信頼されている」「頼られている」と思えば「なんとかして期待に応えたい」と考えてくれる可能性があります。 と分かってもらった方がこちらの誠意が伝わります。 文末に添えるひと言としては、ほかにも「急にご無理を申しますが」「差し迫ってのお願いで恐縮ですが」などがあります。
62

無理を強いてしまっているわけですから、精いっぱいのフォローは必要ですよね。

この違和感の正体は、重なる「申す」です。

・お送りください。

根拠について、くわしくは以下の記事をご参考にどうぞ。

先日は勝手なお願いをいたし、誠に申し訳ございませんでした。

「ご無理を申し上げて心苦しいですが、期日までにお願い申し上げます」や「ご無理を聞いていただき、心から感謝申し上げます」というような形にして相手により良い印象を残しましょう。

「お忙しいところ恐縮ですが」のように、頼み事をする前に一言添えておくことで、相手を気遣った丁寧な伝え方ができます。

あまりに事務的だと、「こんな無理ばかり押し付けて」と相手を怒らせてしまうこともあるでしょう。

あとは後半部分をシーンごとにいろんなフレーズに置き換えて応用しましょう。

クッション言葉とは、相手にお礼など気を使える言葉であり、相手が自分に抱く印象がかなり良いものとなるのです。

〇〇においては期日までによろしくお願いいたします 是非そちらの記事も合わせてご参考にされてみてはいかがですか
これも定番のお願いフレーズ ご無理を申し上げて申し訳ありません? 無理を言ってすみませんをそのまま敬語表現にすると「ご無理を申し上げて申し訳ありません」というなんだか非常に違和感が漂う言い回しになります
どの言葉をつけるかでお願いの切実度が変わってくるので、上手く使い分けてください ご無理を申しまして大変恐縮ですが、本日中にお見積りをいただければ幸いです
丁寧な敬語で、きちんとステップを踏んでお願いすれば、快諾の可能性が高まります 「 無理を言って大変申し訳ないと思いますが」という意味ですので、何かしら無理なお願いをするとき
たとえば、• ・お知恵を拝借したいのですが…… これは人の心を動かす気の利いたフレーズの一つ 相手に無理を強いているわけですから、こちらだって心苦しいこともあるでしょう
多くの人に少しずつ仕事を割り振って、会社全体の大きな仕事を回しています 勝手を申し上げ、誠に恐縮でございますが 納期の延期が可能かどうか、ご連絡下さいますよう お願いいたします
そのため相手の気分を害さない言い回しが必要になります 何度もお願いするとき 一度ならず二度、三度と続けて頼み事をするようなとき、「何回もすみません」の代わりにお薦めしたい言い回しが「 たびたびお手数をかけ」です
」や「この度はご無理を聞いていただきまして、心からお礼申し上げます ご無理を承知で申し上げますが、私どもが提案するクラウドファンディングにご協力いただけないでしょうか?• 最初から受けてもらうのが無理な懸案事項や、一度断られた仕事をもう一度お願いするなど、捨て身の覚悟を持ってお願いするときのフレーズです
123)に関して、納期を4月20日でお願いしておりましたが諸事情により、4月15日に前倒して納入いただきたく存じます しっかりとこちらの非を認めて、申し訳なかったと伝えましょう
「ご無理は申し上げません」は宣言 「ご無理は申し上げません」は、道理に反し物事の筋が通らないことや、行うことが難しいことをお願いしたりすることはありませんという宣言です 」や「〇〇の件において、勝手を申しまして誠に恐縮です
29