岩手 県 交通。 盛岡地区

- 高速バス「遠野・釜石号」運行開始。

51

さらに、社内も3社の組織が残った状態で、営業所の体制もそのままであった。

1970年にはの傘下に入り、国際興業は7割の株式を引き受けた上で負債の肩代わりを行ったため中央バスは倒産を免れた。

釜石営業所担当(車両・乗務員共に)。

5月 - 岩手県南自動車、高田出張所開設。

(平成元年) - 旧・南部バス、岩手県北バス、JRバス東北、岩手県交通の4社で運行開始(1日4往復)。

跡地はとして利用されている。

ワンマン運転についても着手こそ1974年と県内他社と比較すると遅い時期ではあったが、その後2年で8割以上の路線がワンマン化されていた。

、、など。

(平成23年)• 岩手県交通株式会社・東日本旅客鉄道株式会社 2020年1月16日. - 高速バス「平泉中尊寺号」(季節運行)運行開始。 工事による通行規制 岩手県管理道路において、道路管理者による道路工事等による、通行規制(道路占用工事や一時的な道路管理工事によるものは対象外) この情報は、自動更新されません 平成19年4月1日から岩手出張所管内の一部の県道を八幡平市が管理します。 2月16日 - 旧花巻電鉄の電車線廃止。 。 (昭和26年)• 4月1日 - 「特急大船渡 - 水沢線」を廃止。 (高速バスイーハトーブ号予約センター併設)• (平成29年) - この日の出発便から週末のみの運行となる。 末期は釜石営業所の車庫として、大槌町内のローカル線や赤浜・浪板線の大槌側拠点として乗務員や常駐車が配置されていた。 10月1日 - 本社と盛岡営業本部を統合。
75