ガバナンス 意味 わかり やすく。 ガバナンスの意味とは?福祉用語を簡単に分かり易く解説!

81

まとめ 「ガバナンス」は統治・管理という意味の言葉ですが、ビジネスシーンでは特に「コーポレートガバナンス」の意味で企業の管理体制・内部統制を指す言葉として使われています。

内部監査は、コントロール(内部統制)のプロセスを見るものと思っている方が多いのですが、協会の基準では コントロールだけでなく、もっと広い概念であるリスクマネジメントやガバナンスのプロセスを見るものと定義しています。

(新陳代謝とベンチャーの加速) 古くなった設備・資産を大胆に処分し、型遅れの設備を最新鋭のものに置き換える。

プロセスが適切に構築・運用されることによってリスクが発生した際の損失を最小限に抑えることが可能です。

ガバナンスという言葉を単体で使ったりすることもあれば、ガバナンスという言葉に単語をつけて使ったりすることもあります。

よく 合意形成システムなんて言い方もされるみたいですね。

また、社外から取締役や監視役を招集したり、新たに部署を設ける必要が出てきたりします。

39