水戸 市立 図書館。 中央図書館

一層のサービス向上、新たなサービスの展開には民間活力の導入が必要である。

2008年(平成20年)• 各館 [ ] 中央図書館 [ ] 中央図書館 1944年(昭和19年)10月1日に水戸市立図書館として設立、1980年(昭和55年)7月1日に現行館開館。

00 2,611 稲荷第二市民センター 栗崎町1695-4 33. 3か月弱の開館期間中に5,425人が来館し、閉館時点で4,867冊を所蔵していた 住民運動は指定管理者制度反対ではなく、水戸市立図書館を市民サービスの観点からより良い方向にするためにどうあるべきかの論点を展開する必要がある
指定管理者制度導入の経緯(2012-2018) [ ] 水戸市立図書館に指定管理者制度を導入するにあたっての最初の動きは、2012年(平成24年)に水戸市行政評価委員会が公の施設の管理運営にかかる事務を検討した際に「現状のまま継続」とした図書館側の自己評価に対し、「見直しの上で継続(手段を改善)」と委員会側が判定したことにある 社会科学関係資料• この2町村が疎開先となったのは図書館員の知人や家族が住んでいたためという噂があるが、確証はない
1946年(昭和21年)1月 - 茨城県立水戸商業学校で事務を再開 一方で移動図書館は2008年(平成20年)3月31日をもって運行を終えた
に近いに立地することから、やを対象としたビジネス支援に重点を置いており、(平成31年)2月より「ビジネス支援講座」を開講する 建設期間中には、茨城大学の教員と一般市民の交流の場である市民自由大学から派生して「図書館問題懇談会」が発足し新図書館へ各種の提案を行い、子ども文庫の会の関係者らが「水戸市の図書館をよくする会」を組織して移動図書館の早期実施を求めるなどが活発に展開した
他のCIE図書館とは異なり茨城CIE読書室には職員はおらず、市職員2人が運営に当たった 再開間もないにはGHQの指示により、的ないし的とされた図書575冊を焼却処分し、約1,500冊しかなかった焼け残り図書がさらに少なくなった
(昭和60年)11月に公表された水戸市図書館整備計画は、閲覧中心から貸出重視へ、学生・生徒の学習室からの脱皮、一部読書人の書斎から全住民のものへ、数多くのサービス・ポイントによる全域サービスの展開の4つの発展方向を示し、具体的には市内を3地区に分け地区中心館を置き、各地区の中でも人口の多い地域に副中心館を置き、移動図書館のサービスポイントや公民館図書室などの地区図書館を支えるとともに地区内のコミュニティセンターとして機能を持たせることを提案した。 主な活動内容 水戸市立図書館の中心館として、郷土行政資料及びレファレンス・ツールの保存・提供、地区図書館のデポジット機能、 団体貸出、子ども読書活動推進のまとめのほか、図書館業務用のDBサーバー等コンピュータ関係の運用,経理 関係事務等を行っている。 これにより水戸市では「ハード面の整備が終了」としている。 開館当初の蔵書数は3,500冊程度であったという記録があり、うち800余冊は市民からの寄贈書であった。 4月15日 - 移動図書館「こうぶん号」の運行を開始。 こうぶん号は運転手1人と司書2人が乗り込んで市内31か所に設けられたステーションを1日4か所ずつ巡回する形 で運行を開始した。
5