プレステ 5 転売。 プレステ5やvrの転売は儲かるのか?50万円の高額転売に怒りの声も!

そのため、スイッチのように爆発的ヒットを記録するソフトが 次々と発売されて、本体が品薄になりやすい、という状況とは そもそも違うのです。

3万9800円という価格は、1994年発売の初代「PS」からの伝統であり、初代発売から26年たった今でも、この価格が守られたことに安堵するゲームファンの声も少なくない。

フリマアプリで高額で転売されている問題で、発売翌日から転売価格が急に下落していることを受けて、ネットでは「爆死」「転売屋死亡」などの書き込みで盛り上がっています。

該当商品はすでに削除されている(12月2日午後4時40分時点) 販売していたのは、「ゲオ福岡二又瀬店」を運営するコンシダレット(福岡市)。

また、 プレステ5の生産量に需要が追いつかないため、正規価格による購入を待っていては、 いつ入手できるのか分かりませんし、人間って手に入らない物ほど欲しくなりますよね。

現在、品薄ということもあって、秋葉原にあるゲーム機の買取販売店では2021年1月時点で、7万~8万円での買い取りが行われている。

以前から業界内でも課金を誘発させすぎる仕組みは「やりすぎ」と疑問視する声はあったのですが、結局外圧で動く形になりました。

抽選販売の情報入手にはGoogleで「プレイステーション5 抽選」と検索すると一覧で表示されます。

通常であればタイレシオは少なくとも約1倍だが、本体の販売では利益を出せずソフトで稼ぐPS5にとって、タイレシオの低さは大きな課題となる。

強き設定の10万円台はほとんど売れていない メーカーからの供給は今後も続きます、それに伴い転売価格も下落を続け、最終的には定価以下の価格になる、なんてことになるでしょう。

98 74