特殊 相対 性 理論。 パラドックスの特殊相対性理論は間違い。

観測者の単純運動のみで、検出器の 針金の数が変わるため、明らかに致命的なパラドックスである。

641• 153• つまり 光速度 "c" というのは 光の 波としての性質に完全に依存している。 ただし、にあるように、ローレンツ収縮の直接的な観測実験は 今のところ 存在しない。 アインシュタインはどんな時代においても、常に周囲に影響されなかっただけです。 たまんないよな~、あれと一緒にされたんじゃ~。 本項では正規直交の場合にしか双対基底の概念を用いないが、一般相対性理論を定式化する際には一般の基底に対する相対基底が必要となる為、以下基底は正規直交とは限らない場合について述べる。 これは明らかなパラドクスである。 ニュートンの時代、光が粒子なのか波動なのか、論争がありました。 これは深刻な状況である。 Fig. K は慣性系ですから、第1法則により、速度 v で運動している物体は外力が作用しない限り、 速度 v で運動し続けます。 この、時間の相対性こそ、光の速度が一定であることと運動が相対的であることを認めた途端に、直ちに得られる重要な結論です。
35 55