海外 の 反応 まとめ。 ヤクテナ ~海外の反応・翻訳アンテナ~

政治問題にも発展しつつある日本の捕鯨問題は、ますます混迷を深めるばかりである。

日本に対する捕鯨への風当たりが強まるなか、1986年、商業捕鯨モラトリアムが国際捕鯨委員会で採択されてから、商業捕鯨は禁止されてきた 海外の反捕鯨派の批判の的となった
(「日本への外交圧力を高めざるを得ない」と労働党の党首であるデイビット・カンリフ氏の見解を『stuff Fairfax New Zealand 』は掲載している なお、キー首相は捕鯨に関する日本の動向を注視し、もし何かあればアクションを起こすと述べつつも、捕鯨再開を止めさせるためにできることは殆どないかもしれないと述べている
また同時に、ゴーン被告は日本メディアへの批判も主張 日本では、有史以前から捕鯨が行われてきており、西洋の捕鯨とは別の独自の捕鯨技術を発展させてきた
一方、ゴーン被告逃亡後に行われたによる調査では、国民の約8割がゴーン被告の逃亡を支持しているという結果が出た この発言は、のちに「 無罪を『主張』」を言い違えたと Twitterで 釈明したものの、「推定無罪」であるべき日本の司法制度への懸念をさらに強める決定打となった、と エーデルスタイン氏は 加える
節目ごとに変わっていった海外からの視点 記者会見後も、海外メディアの反応は賛否両論だった (日本の捕鯨活動に反対している豪アボット首相は就任当時、日本に対し、捕鯨に寛容的な発言をしていた
ゴーン被告の潔白を証明するまではいかなかったが、彼の目的であった日本の司法制度の批判は世界からの関心を集めた 日本の刑事司法の正当性を海外に訴えるためと見られる
今は世論も少し彼の味方になっている」と彼は見る 「逃亡後、海外の反応は賛否両論、五分五分だったでしょう
でも 市民レベルでは、ゴーン被告の行動に共感するような感想を持つ人は多い」と話す 「この会見の目的は、無罪を説得することではなく、日本の司法制度を批判することで、逃亡することは仕方ない、と思わせること
ヴィンセント氏は、日本の捕鯨を主張する人々は、捕鯨支持なのではなく、反・反捕鯨派なのだという 【2019年12月末:逃亡】 もはやハリウッド映画のような逃亡は世界中で報じられ、大きな注目を集めることとなった
しかし、科学的データ収集のための捕鯨は許可される、という例外の下、日本が食用のための捕鯨を続けてきた過去がある。 弁護側は検察をと非難した。 多くの人が逃亡手段に興味を持ち、その概要が分かってくると、次は日本の司法制度に注目が集まった。 一方森法相は、日本の司法制度を批判する内容の社説を掲載した米ウォール・ストリート・ジャーナルに「制度を正確に踏まえていない」という反論文を寄稿し、1月14日に。 。 もし日本に有利な判決が下されても、日本は捕鯨を自由に続けることで世界的な非難がさらに高まるだろう、と同団体のジョン・フリゼル氏の見解をガーディアン紙は報じている。
14
(ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙は、日本の調査捕鯨の目的は、水産資源の確保にあると主張している。 また、会見前日に出されたゴーン被告の妻キャロル氏への逮捕状は、人々から「酷い」と怒りを買った」とエーデルスタイン氏は話す。 また、同紙は2011年の復興資金の捕鯨への流用問題に見られるように、日本が費用のかさむ調査捕鯨を続けたがるのは、鯨肉需要や科学のためではなく、政治が絡む問題であることを示唆している。 「これまでは、『ゴーン被告は多分有罪』という風潮、同情があっても『拘留が長くて酷いんじゃないか?』程度だったのが、これを機に『これは酷い』『検察は何か隠してるんじゃないか?』『無罪かもしれない』という人が増えた」という。 会見からの締め出しもそうだが、会見内で、検察のメディアへのリークを違法だと指摘した。
52