トライアンフ デイトナ 675。 デイトナ675 / デイトナ675R(2013

一方のシャシーはフレームやスイングアーム、前後サスペンション、ホイールといった大物パーツを新作とすることで、優れた運動性能にさらに磨きをかけている。

トライアンフとしては面白いわけはなく、反撃の為のモデルチェンジでもあります。

サウンドが変わるのはもちろんのこと、パワー特性も変わります その優しさとフレキシブルさを象徴するのは、全面刷新されたシャシーだろう
・普通に乗っているときも、バイク・エンジンの特性に合わせた乗り方を要求される感じがあります 短所 SS全般に言えますが積載量が皆無なこと
ミドルSSなのにニンジャ250並のボディーサイズ 純正部品については基本的に英国のパーツセンターからの出荷だそうです
しかし8年前のバイクとはとても思えない異彩を放つデザインと設計は流石ブリティッシュ 低回転域ではツインのような粘り強さがあり、ひとたび回せばレッドまで一気に吹けあがる
高速道路や、サーキットのストレートでは、ライバル達に空力的に負けているようだ というのも先に話した世界レベルのインプレで「唯一の不満が有るとすればサスペンションが煮詰まってない」という声があったから
満足している点 ・車体が軽い 極めて改造範囲の狭いカテゴリーのため、ベースマシンの性能がレースでの戦闘力に直結しており、そのレースでの実績はデイトナ 675 の高いポテンシャルを証明していると言えるでしょう
2009年には、シリンダーヘッドの設計を見直すなどの大幅な変更を受け、2013年にはフルモデルチェンジ ・外車なのでパーツの品質にむらがある
静岡県• 「規制緩和されたからハヤブサはOKになったのに、デイトナ675は何で駄目なの?」 と 愛知県• 2011年に出されたスペシャルカラーのSEはフレームとホイールをブルーに塗装しARROWSのマフラーを装着したモデル
月並みな表現だが、ツインとマルチの良いとこ取り ・前傾姿勢がきつい
う~ん 香川県• その証拠にデイトナ675が出た2006年当時のロードレースに三気筒のレギュレーションなんて有りませんでした
59