デュエル マスターズ プレイス まとめ。 デュエル・マスターズ プレイス 攻略まとめWiki

デュエプレ正規リリースと同時にスタートしたランクマッチ「ボルメテウス・カップ」だが、リリース直後の不具合でメンテナンスになることも多く、かなり短めな開催期間となった。

貯めたポイントでジェム購入 のたった3ステップで簡単、そして無料でデュエルマスターズ プレイスのショップで課金アイテムのジェムを無課金でも入手することができるのでお金をかけたくないという人には超おすすめです! まとめ デュエルマスターズ プレイスでは、基本的には課金は必要ありません ・コントロール(低速) ・ミッドレンジ(中速) ・アグロ(高速) コントロールは相手の行動を制限、ないし妨害していくことでゲームの流れを握っていくデッキタイプ
ベータ環境の主なデッキ 【ボルメテウス・コントロール(クローシス)】 赤青黒の3色で構成される、グッドスタッフ性の高いコントロールデッキ 水文明の鉄板ウィニー
例えば赤のクリーチャーを出したい場合、 マナに赤色のカードがないと、コストが足りていても召喚できないんですね 要は、 2枚マナゾーンにカードがあるからといて「手札のコスト2が使いたい放題! 召喚! 召喚! 召喚!」 という事ではない
主なカード• 150コインで1パック(5枚入り) 代表的なデッキは【除去コントロール】
少々応用的なことになりますが 「適した色がないから召喚できない!」ってことにならないよう、 最初のうちは基本の文明を1つ、あるいは2つ程度に絞ってデッキを作っていきましょう 119. 2020年で約18年を迎えたデュエマですが、今ではカードのラインナップも増えて様々になっていきています
そこで、 お勧めのカードをゲーム側に聞くことができます デッキスロットを進化元ヒューマノイドとヴァルボーグに割く以上、どうしてもトップデックの弱さや手札事故の多さに繋がり、ヴァルボーグを引けない時のヒューマノイドの弱さが際立つなど、全体的な安定感は【赤青速攻】に劣ってしまっている
この他にも、まだまだ紹介しきれていない機能はたくさんあります 誰でも自由に編集可能です
とはいえ3ターン目に降臨するヴァルボーグは、1弾環境ではSトリガーによる運ゲー以外ほぼ受け札が無い 割れたシールドから「踏み倒し」で登場する「シールド・トリガー持ちクリーチャー」は殊更に強力であった
強力な性能が認知された二角は、今後3弾環境までメタゲームの中心に居座り続けることになる また進化(進化クリーチャー)というのは、 ある特定のクリーチャーの上に重ねて出せる召喚酔いのない強力カードです
速攻に対して有利が付く4Cボルコンと、そこに引き続き食らいついていく速攻系列、この2タイプのデッキが環境で蔓延し1弾環境序盤は幕を閉じる 『勇神兵エグゾリウス』 アンタップキラー
45
ご一読ありがとうございました。 じっくりと腰を据えて戦っていくデッキなので最も低速であり、攻撃的に攻めるビートダウンの対極。 DMでもトーナメントシーンではそれに倣っていることが殆どである。 クリーチャーの数によるアドバンテージが稼げるわけでは無いので、そこはご注意を。 公式が集計したDP生成カードランキングでも1位に輝いた。 とにかく相手のシールドをガンガンと割っていき、早期決着を目指す。 扱え切れてだいたい3文明程度。 特に、最高レアリティでシークレットバージョンをそろえたい場合は課金が必要になってきます。
14