メルケル 首相 演説。 メルケル首相の「魂の演説」を聞け! 「勝負の一週間」で浮き彫り、菅首相と雲泥の差(井津川倫子) (2020年12月11日)

発表 内容は多くの言語にも翻訳されます。

もちろん私たちの誰もが、このような状況では、今後どうなるのかと疑問や不安で頭がいっぱいになります。

背景になる信念があるからそういう言動ができる。

旧社会主義の不自由さの実体験や、有権者に厳しいことも言う姿勢は評価が高い。

さてここで、感謝される機会が日頃あまりにも少ない方々にも、謝意を述べたいと思います。

現在、世界中で急ピッチで研究が進められていますが、未だ、新型コロナウイルスの治療法もワクチンも開発されていません。

握手はもうしない、頻繁によく手を洗う、最低でも1. おじいさん、おばあさんが寂しくならないよう、ポッドキャストを録音してあげるお孫さんなども一例でしょう。

日本語と しての「普通さ」を優先させた結果です。

開かれた民主主義のもとでは、政治において下される決定の透明性を確保し、説明を尽くすことが必要です。

そのためには、社会生活を極力縮小するという手段に賭けなければならない。

34
やじに対しては下記のように返した。 今日のヨーロッパが、まさにここに、このようにあるのは、啓蒙と科学的知見への信仰のおかげなのだ。 私たちはこの危機を克服していくと、私は全く疑っていません。 また、皆様は、食料品供給が常時確保されること、たとえ1 日棚が空になったとしても補充されること信じて安心してください。 5 メートル人との距離を取る、特にお年寄りは感染の危険性が高いのでほとんど接触しない のがベスト、ということです。 けれども、犠牲者が何人出るのか。 メルケル首相のテレビ演説 メルケル首相のテレビ演説 -コロナ危機に挑むドイツ- Fernsehansprache von Bundeskanzlerin Angela Merkel 荻野蔵平 編 世界保健機関(WHO)が2020年3月11日に新型コロナウィルスについてパンデミック宣言を発表した直後の、3月18日に放映されたアンゲラ・メルケル ドイツ連邦共和国首相のテレビ演説の全文です。
89