深夜 東京 の 六 畳 半 夢 を 見 て た。 【yama/春を告げる】歌詞の意味を徹底解釈!タイトルとは真逆の世界観を紐解いていく。

聴けば一発で耳に残る歌い出しのメロディと都会的なピアノがなんともオシャレなサウンド。 派手な管楽器系のシンセが映えるそのリズム部分には、ヒップホップの影響を感じさせるグルーヴィなビートが隠れています。 自分の心境は冬のままなのに社会は「春」に進んでいく。 さすがくじらさん提供曲といったところですね。 ここまで解釈するとかなり切ない歌に、、、 さらに切ないのが、主人公は忘れられない人との夢を繰り返し見過ぎて 「ああこれは夢なんだな…」と夢の中で理解できてしまっているということです。
どうせ全部今日で終わりなんだから」とある。 感想 歌詞とじっくり向き合ってみて、想像以上の切ない情景に心を打たれています。 そしてこの孤独感、虚無感、喪失感を感じている状況で世界は 「春を告げる」わけですよ。 灯りの灯らない蛍光灯 明日には消えてる電脳城に 開幕戦打ち上げて いなくなんないよね ---- ログインできた…よかった~ 非表示にはするけど消さないタイプなせいで、最古の記事は2006年5月だった。 仕事も結婚もしてるのに、なぜか学校に所属しているらしくて せめて卒業まではここに居られないかなぁ、って トラックに荷物も積み終わったというのに、ウクレレ弾きながらその場に留まっていた。
28