豚 バラ チャーシュー とろとろ。 何度も作ってコツ発見! 我が家の秘伝チャーシューレシピ(ママテナ)

煮汁ができれば、豚バラ肉とお好みの材料を投入し、火にかけ、沸騰したら弱火にして1時間程度煮詰めれば、激ウマチャーシューのできあがりだ。

いかがでしょうか。

ですので、まずは調味料の入っていない状態でしっかり下ゆですることで、固くならず、トロトロのチャーシューに仕上がるのです。

添加物の入った固形スープの元でも出来ますが、豚本来の味が損なわれますので水の方が良いです。

煮込む時間はかかりますが、アクを取る以外は放置しておけばよいので、ほかの作業をしながらでも作ることが出来る簡単レシピです。

jp 定休日:月曜日/水曜日/日曜日/祝祭日 営業時間:9:00~16:00 お支払いは 代金引換/銀行振込/コンビニ決済/クレジットカード の4種類からお選びいただけます。

肉のパサつきもまったくなく、しっとり、やわらかな極上チャーシューが出来上がりました。

それを冷蔵庫に入れ、一晩寝かせたらとろとろチャーシューの完成です。

丁寧に作ったチャーシューは、お店で食べるチャーシューをもしのぐおいしさ! 脂をしっかり抜いたので、食感はトロトロなのにしつこさは一切なし。

豚肉が入る大きさの鍋に表面を焼き固めた豚ばら肉を入れ、冷たい鶏がらスープ・紹興酒・日本酒・塩・しょうゆ・ねぎ・潰したニンニクを入れてからコンロに火を付けます。

99
豚肉に香ばしさを加え、余分な油を抜くためのとっても大事な工程 大体片面10分ずつが目安です
お肉を煮こむ時間は長ければ長いほど良いです 余分な脂は「油」で落とす! 次の工程は、「焼き」です
4.じっくりと2時間煮込んだ豚バラ肉は、ちょっと触っただけでもくずれそうなほど柔らかくなっている 1時間たったらお湯を捨て、鍋を軽く洗います
これは余分な脂を取り除くために、下ごしらえとして外せないプロセスになる まずは、鮮度のよさ
今回紹介するのは、柔らかくじっくりと火を通して甘辛く仕上げた、和風の「豚の角煮」だ 下ごしらえが終わったら、調味料を加えて煮汁を作り、その煮汁で下茹でした豚バラ肉を煮込むだけと、いたって簡単だ
このままでも食べられますが、味をしっかり馴染ませるために一晩寝かせます これがゼラチンです
また、蒸発して湯が減ってきたら水を足して常に水がかぶる状態にしましょう 少し薄くなるまで叩くのがコツだ