ローラー スルー ゴーゴー。 「ローラースルーゴーゴー・・・」nobu

本家のブレーキより、制動力がありそう。 絶対に買う。 商品名の「ローラースルー」は「通り抜ける」の意味を込められた造語であり、「GOGO」は軽快な乗り心地、当時流行の、5,500円の本体価格(「五」が二つ)にちなんで付けられている。 また、内閣府令のは、自転車の基準として「制動装置が走行中容易に操作できる位置にあること」という項目を規定している。 先日 TVでちびまる子ちゃんを見ていたら 「まる子おすし屋さんに行く」 「ローラースルーゴーゴーがどうしてもほしいローラースルーGOGO」を 放映していた 「ローラースルーゴーゴー」は 1974年に発売され 発売以来100万台も生産されたらしい それも 開発は本田技研工業!! しかし当時 金銭的に余裕のある家庭の子供しか買えなかった 1967年生まれの私は当時7歳 小学校2年生か3年生だっただろう 言うまでもなく「ローラースルーゴーゴー」は 我が家に納車されず ブームは去って行った しかし ちびまる子ちゃんを見た後 ふと ネットで検索 するとあった!! 現代版 「ローラースルーゴーゴー」が・・・ 「ローラースルーゴーゴー」をベースに 米国で改良を加え 安全性やデザイン性 スポーツ性能等を 進化させた 「エクセルレーター X. なおの-間運賃が当時5,510円という時代で、また流行以前で子供に数千円もするような玩具を買う機会も滅多に無かったことから、児童向けとしてはそれなりに高価で憧れの玩具であった。 1975. やっぱり大人は乗っちゃダメなんだ・・・。 この時、発売開始されたばかりのGOGO7も殺到していた注文が途絶え、このため日本国内では少数しか出まわらなかった。 その後 [ ] 当時の子供文化では大変人気があり所有することはちょっとしたステータスでもあったが、関連市場を形成する前に社会的圧力によって消えた玩具であった。 確か、相当速かった。
32