烏山 北 小学校。 東京都 世田谷区立 烏山北小学校改築工事

そして、2つ目は「環境にやさしい学校づくり」として芝生の校庭を整備し、「青がし」などの既存樹木を保存し自然エネルギーの利用など環境にやさしい施設づくりである。

避難する時 一時 いっとき 集合所等が危険になった時。

烏山地区のとのページです。

また、校舎面積の増加にともない校庭が狭くなることを考慮し、校舎の屋上に運動場や芝生緑地、菜園の整備等を行い、児童の活動の場を極力確保した。

92 25
避難所の安全も確認して避難しましょう 添付ファイル• 詳細についてはのページをご覧ください
避難勧告や避難指示が出た時や自主避難の時は、基本的に以下の手順で避難します 周辺地域への配慮としては、基本構想時からアンケート調査や住民説明会を行い、児童や保護者、地域住民の意見を取り入れながら検討が進められた
環境対策としては、屋上緑化による熱負荷低減の他、太陽光発電、南面教室の逆梁構造とライトシェルフによる自然光の最大限の活用、雨水貯留槽による中水利用等、環境学習の場としても役立つ配慮がされている 以前は授業の質や問題児の存在などで評判が悪かったようですが、校長先生が替わられてから急激に雰囲気が良くなっています
また、近年の周辺開発でマンションや戸建てが増え、新しい住民が増えたことも学校の雰囲気が改善されてきた理由かと思います 少し厳しさは足りない気もしますが、真面目な方が多く、真摯に子供に向き合ってくださる方が多い印象を受けます
設計に当たっては、基本方針としては4つの項目が掲げられた 洪水ハザードマップ 浸水の予想される区域や浸水の程度、避難所等水害に関する情報を記載しています
平成21年度末に耐震性能を持つ仮設校舎に移転後、既存校舎を解体し新校舎を建設している 避難する時 自宅での居住が困難な時、二次災害を受ける可能性のある時
烏山地区の避難場所• どの学年も先生が若々しく、子供達も活気に溢れています 避難場所 集合する時 自宅等が危険になった時
特に周辺は低層住宅が多いため、建物高さを抑え、隣地境界線からの壁面を後退させたほか、狭い前面道路には地域住民が利用できる歩道の確保や植栽などを行い、周辺への圧迫感や日照、通風などの影響を極力抑え、街並みに調和するよう配慮している のページをご覧ください
最後に、「安全・安心の学校づくり」として、防犯や安全性に優れた施設整備、災害時の地域の防災拠点として必要な整備となっている さらに、3つ目は「地域とともに育てる学校づくり」として学びや出会いを通して、児童、保護者、地域が交流し、学校が地域の拠点となる施設づくりである
区では、学校施設の標準仕様化を推進しており、計画的・効率的な校舎の改築を進めており、この事業もそれに基づいて行われているものである 広域避難場所 避難場所名 指定場所 第一生命グランド一帯 南烏山6丁目、 給田1~5丁目、上祖師谷1・2・5~7丁目 芦花公園・明大八幡山グランド一帯 南烏山1~5丁目、上北沢1~5丁目、八幡山1~3丁目、千歳台1~6丁目、 粕谷1~4丁目、船橋1~7丁目 烏山北住宅・日本女子体育大学一帯 北烏山1~9丁目 区全域についてはのページをご覧ください
97