とんかつ dj アゲ 太郎。 呪われた映画『とんかつDJアゲ太郎』は事件を起こした2人のための作品のようだった(飯田一史)

今どきこんな社会派映画は人気出ないんやなって とんかつDJアゲ太郎(2020、二宮健監督) あらすじ 東京・渋谷の片隅にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。

公式サイト 2016年5月8日• 実家は母と名錦の二人で切り盛りする喫茶店。

「鬼滅の刃 無限列車編」のコピーではないが、伊藤健太郎が悪夢を断ち斬る日は訪れるのだろうか。

東京・渋谷の片隅にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。

LARD CITY(ラードシティ) 尾入と揚太郎によるDJのレギュラーイベント。

ある日、弁当の配達で渋谷のクラブへ。

とくに、主人公を演じる北村匠海が終始楽しそうなのが好印象だ(作中で描かれるようなパーティが実際あるかというリアリティはさておき)。

通称「 の貴公子」。

ンマーイ BAR NOWAYの常連。

82
第18皿時点でDJ暦6年目。 大柄や強面で、プライドが高いが、度量は小さく、ひがみっぽい。 山下 忍(やました しのぶ) 上野 かつれつ黒門の5代目。 マスター・ヤスマズ BAR NOWAYのマスター。 服部苑子と出会い、とんかつ屋と服飾業の共通点に気付き、服飾業を目指す。