マグノリア の 花 たち。 マグノリアの花たち Steel Magnolias ネタバレあり

実際の場所で演じる映画やドラマと違って、芝居はその場で、そこにないものを想像しながら愉しむもの。 そして男子を出産して1年後、内臓の機能が低下したシェルビーのために、マリンは片方の腎臓を提供することになり、手術は無事成功した。 製作総指揮:ヴィクトリア・ホワイト• テレビドラマの客層は、そもそも女性に絞って作られている。 シェルビーと母のマリン(サリー・フィールド)は、式の身づくろいのために、偏屈者の未亡人ウィザー(シャーリー・マクレーン)や、町長の未亡人クレリー(オリンピア・デュカキス)など町の女たちの社交場、陽気な女主人トルービィ(ドリー・パートン)の経営する美容室にやってきた。 サミー - ()• そして男子を出産して1年後、内臓の機能が低下したシェルビーのために、マリンは片方の腎臓を提供することになり、手術は無事成功した。 そんな母に娘は憎まれ口を叩いてしまいます。 自分は迷わず「賛」に一票! 公開当時は、演技派になった、と話題になってたし、ジュリアロバーツ全盛期でキラキラしていたな。 イーテントン家の人々は、長女シェルビー(ジュリア・ロバーツ)の結婚式の準備で大わらわだった。

1型糖尿病患者だったスーザンは出産のリスクを認識したうえでなお子どもを持つことを望み、産後に合併症を併発して亡くなった。

出演はサリー・フィールド、ドリー・パートンほか。

途中で手術も受けていたことからまさかそんなことないだろうと思っていたので、度肝を抜かれたわけである。

男性キャストはマリンの夫ドラム役にトム・スケリット、シェルビーの夫ジャクソン役にディラン・マクダーモット、トルーヴィの夫スパッド役にサム・シェパードが配された。

監督は、脚本は原作と同じロバート・ハーリングがつとめた。

衣装:• 涙モノだから、悲しい場面はないてしまったし、最後の場面はジーンと来た。

本来ならけんかになるようなことではないのに、けんかになってしまうもどかしさといい、最終的に娘の意志をどうにもできない母の姿には切なさがこみ上げる。

さらに展開されるシーンでも、マリンが娘の妊娠を喜べないのに対して彼女たちが励ます様子や、葬式でマリンがヒステリックを起こした時の彼女たちの対応方法は女の友情物の連ドラでよく見るパターンである。

2