100 日 目 ワニ。 【最終話】「100日後に死ぬワニ」100日目の解釈と考察まとめ

・確かに意味深な描写が多い ワニが死んでしまうが公開された直後から、多くの人たちが議論を重ねている。

ネズミがプロレーサー目指す描写はあったけどね なんか急に現れた無礼なカエルがスッっとワニのポジションに収まった感じ。

今の調子でいけば、「定価割れ」もある勢いなのだ。

完全に計画的なステルスマーケティングでしょうね」(同・ウオッチャー) 涙なしには聞けない話として1989年に大流行し、社会現象になった『一杯のかけそば』は、その後、創作でないかとの指摘や、つじつまが合わないとの批判が殺到し、急速にブームが終焉した。

「100日後に死ぬワニ」のワニくんも、決して優秀でイケメンのワニではありません。

これ、そもそもなんだけど「書籍化されない」「MVで使われない」「映画にならない」と本気で考えてた人ってどれくらいいるんですかね。

例えば、25日現在、定価3300円のタワーレコード限定の「100日後に死ぬワニ Tシャツ」の未使用品が8800円で出品されていたのだが、買い手はゼロで、問い合わせさえ寄せられていない。

あれも前編部分はしっかりをやっていて良い作品だったのにな……. 気をつけないと死んじゃうよ!!か… こう言う事故で亡くなる人多いからこの注意喚起ってのもあるけど、大半の理由がどちらかの「ながらスマホ」と「よそ見運転」だからな。

我々読者が望んでいたのは「ワニくんの死」なのに、作者や電通サイド(販売サイド)は「それでもまだ"生きている"ワニくん」を与えることで、読者から「死」を奪ったんです。

65 21

「きくち氏が昨年12月4日に『片道1時間40分もかかった』『約2時間かけて打ち合わせしてきた。

ツイートも読んでみたんですよ。

転院後は、事務所のスタッフはもちろん、親族ですら本人に近づき、話すことはできなかったことがわかったのだ。

その証拠として1枚めと2枚めでバイクの後輪泥除けの形状が微妙に違い、靴底の色も微妙に違うという指摘がありました。

志村さんの死がもたらした衝撃は、それだけではない。

10