シェリル メイソン。 【DBD】シェリル・デンソン(ヘザー)の固有パークを解説|とろろブログ

」Richard氏は話す かもんさん
3歳の時に母を病気で失い、父ハリーと二人での生活となる 元々は先住民族による土着の宗教がベースになっていたが、教団内に入信者が増え、主体が彼らの手に移ると、の影響が色濃くなっていったといわれる
物語の中盤、ウォルターの儀式に巻き込まれ、満身創痍の身となるも、ヘンリーと共に異世界からの脱出を目指す 『2』には「 いぬエンド」 と言う、また違ったエンディングも用意されている
そこでは1962年に坑内火災にみまわれ、今でも地下で燃え続けているとか カウフマンにアグラオフォティスを撒かれ、後述のインキュバスを早産した
シェリル・メイソン 『1』『3』『ゼロ』の登場人物 3か月後、彼女は訓練を終え、監督役がいなくても緊急電話に答えられるようになっていた
『ダウンプア』『パチスロ版』『ブックオブメモリーズ』にも登場する 偽名やヘアカラーで正体を隠蔽、かつ護身用のスタンガンをハリーから贈られていたのは、教団からの追跡から逃れる為である
アレッサに宿る神が覚醒した姿 たぶん役に立つ情報があるよ 関連する記事• そでも最初の電話には十分な準備ができていなかった
リマスター [ ]• 痛みを沈静化して体力を全回復させ、使用後一定時間スタミナが減らなくなる鎮痛剤 SILENT HILL Cage of Cradle 『1』が始まる直前の物語を描いている
SHATTERED MEMORIES リ・イマジネーション作品である本作でも主人公であり、行方不明になったシェリルを懸命に探し出そうとする 『1』の終盤に自らの死に気付き、最後は自分の仇であるカウフマンを道連れに奈落へと落ちていった
33

『サイレントヒル2』(2006年)• その他教団の関係者 [ ] 聖女派 [ ] ダリア・ギレスピー 『1』や『ゼロ』の黒幕で、サイレントヒルで活動する土着宗教団体の司祭。

筋肉質な巨体であり、上半身は裸で、下半身に布を纏っている。

鉄パイプ 数ある接近戦用武器の中でも本シリーズの象徴といえる武器。

『3』では主人公であるヘザーの前世且つ母親である存在として度々名前が登場する他、クローディアと幼馴染みの関係であったことが明らかとなる。

因みに、『HC』のウィーラーの台詞によると、現実世界では未だに行方不明とされている。

抑圧の同盟の効果を受けた発電機は、生存者全員に白いオーラで表示される。

職業はライター。

『3』の副主人公的存在であり、物語の序盤にクローディアの依頼でヘザーをクローディアに会わせようとし、ヘザーと共に異変に巻き込まれてしまう。

33