犀川 スキー バス 転落 事故。 バス事故

というわけで責任の追及である。

現場の道路が坂道で狭く、急カーブだったことや、運転の誤りなどが焦点になったほか、路線バスや観光バスとは異なる送迎バスの安全管理のあり方が大きな問題になりました。

総勢46名のうち、乗客の大学生22名、教員1名、運転手ら2名、 合計25名の命が失われた。

全国が衝撃を受けた、スキーバスの転落事故。

ビンゴである。

低料金のバス運行が安全対策などをないがしろにする結果になったのではないかと見て国交省などの調べが行われています。

1975(昭和50)年1月1日には、長野県大町市でスキー場に向かうスキー客送迎のバスが青木湖に転落、20数人が死亡しました。

95 54