渡瀬 恒彦 十津川 警部。 西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ「金沢加賀殺意の旅」|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

軽部孝(カメラマン・「サンライズ出雲」乗客) - ()• 山路信正(詐欺常習師・地面師) -• 近年ではパソコンも嗜んでおり、2年前からホームページを開設している しかし翌年の春にさっさと結婚してしまい、十津川たちをがっかりさせた
遠藤祐一郎(川俣製菓 重役) -• 高田(京都府警 捜査員) -• 25歳の時に脇坂和男と結婚したが、約1年で離婚 、三橋が自身34作目の「秋田新幹線こまち殺人事件」(三橋は当時76歳)を最後に、テレビでの当たり役ともなった十津川警部役をついに降板
福本政男(ハスミ医療機器販売 社員) -• 鬼頭辰巳(連続強盗犯) -• アナウンサー -• - 希楽星• 赤木豊(スーパー経営) - 掛田誠• A)(第21作)、竹村知己(ソニーPCL)(第22作)• 鉄道ファンであり、亀井に鉄道の知識について助け船を出すことがある 岡村浩平(獣医・武田メディカルセンターの医療事故被害者の遺族) -• 発売日/2015年5月27日(水) 第47弾「 特急「しらさぎ」殺人迷路〜越前竹人形の謎〜 」(2013年)を収録
三上とは対照的に温厚な性格 - OKエンターテイメント(アーカイブ)• また、十津川シリーズの出演者たち4人が、ドラマの舞台となった地を訪れ、第1作「札幌駅殺人事件」の舞台である札幌を古川りか、第35作「金沢加賀殺意の旅」の舞台である金沢を山村紅葉、第29作「松山道後温泉十七文字の殺人」の舞台である松山を中西良太、第19作「河津七滝殺人事件」の舞台である伊豆を堤大二郎が旅した
草野明(ニューホープ観光 社員) -• その他、容疑者に同情して「もしも犯人の境遇が悪くなければこんな事件は起こらなかったのだろうか?」と十津川に言った時は、「捜査にそんな感情は邪魔でしかなく、実現しなかった可能性を語ることに意味はない」ときっぱりと言われている 麻生(真理恵の父) -•
後藤雄一郎(警視庁警視監) -• 飯田(蕎麦屋「あだし野」店主) -• このシリーズはドラマとしてはかなり早い時期にハイビジョン撮影への移行が行われていて、第17作以降、ハイビジョン撮影での制作となっている 佐藤誠(弁護士) -• 発売日/2014年4月2日(水) 第17弾「飛騨高山に消えた女」(2008年)を収録
2017年6月より松江北高非常勤講師 島崎恭一(工場経営者) -• 愛称はキャサリン