ニュアンス 株価。 マイクロソフト、医療AIの米ニュアンス買収 160億ドル

マイクロソフトはニュアンスを企業や政府向けの事業に組み入れる計画。 リンク アマゾン AMZN Amazonは人工知能スピーカー「」およびAI音声アシスタント「Alexa」を提供しています。 米マイクロソフトは12日、人工知能(AI)や音声認識技術を手掛ける米ニュアンス・コミュニケーションズを現金約160億ドルで買収すると発表した。 モービルアイ MBLY 自動運転に使われるAIのセンサーやソフトウェアを開発しています。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。
13
AIを活用して事業を行う銘柄 セールスフォース・ドットコム CRM AIを活用して顧客の業務支援を行う企業になります。 マイクロソフトとしてはリンクドイン以来の大型買収となる。 ギガモン GIMO SBI証券では取扱いがない銘柄です。 アップルの業績データについては、過去10年以上分が下記のリンク先にまとまっています。 コーナーストーン・オンデマンド CSOD AIを活用したクラウドベースの人材支援サービスを展開しています。 新型コロナウイルス感染拡大を受け遠隔医療が広まる中、マイクロソフトはヘルスケア部門のクラウド業務を強化する。 顧客からの問い合わせ電話やボイスメール、医療相談での音声認識・合成や音声入力(音声のテキスト変換)システムなどを提供しており、マイクロソフトとは19年に医療事務向け業務で提携している。 買収ともなれば、より大きな上乗せがあってもよいと考えると述べた。 アイブス氏は、マイクロソフトにとってニュアンスの買収は「トロフィー」を獲得するようなものだとし、今後数カ月間におけるさらなる買収に向けた先触れになる可能性があるとの見方を示した。
80種類の言語をサポート可能な音声ソフトウェアを開発しており、音声入力やバーチャルアシスタント等に活用されています 純債務を含めると買収額は197億ドル(約2兆1500億円)で、マイクロソフトにとっては、16年に262億ドルで買収したビジネス向け交流サイト(SNS)大手リンクトイン以来、5年ぶりの大型買収案件となる
AIのハード部分を提供する銘柄 エヌビディア NVDA 言わずと知れたAI半導体メーカーです 【事業内容】個人を理解し、分析し、対応するソリューションを提供する
ただ、業績が安定して伸び続けている銘柄は割高であり、ましてや10年後にどこがAIの覇権を握るかなんて誰にも分かりません AI分野では競合他社より出遅れていると言われていますが、高い技術力で遅れを取り戻す可能性も十分あると思います
同社は2003年に設立された新しい企業で、時価総額の低い中小型株になります ヘルスケアAIソリューションとサービス、オムニチャネルの顧客エンゲージメント、ドラゴンコンシューマーとエンタープライズを提供する
買収自体は、「病院や開業医が次世代AIシステムに期待していることを考えると、ニュアンス買収はマイクロソフトのヘルスケア事業戦略にぴったり合う」と評価している リンク マイクロソフト MSFT 25年以上も前から人工知能の可能性に投資してきたマイクロソフトは、すでに様々な分野でAIを実用化しています
ディープラーニング分野のスタートアップ「Nervana Systems」もそのひとつで、Nervanaの技術を使ってGPUに代わる新しいAIチップの開発を行っています エクイニクス EQIX マネックス証券、楽天証券では取り扱いがない銘柄になります
また、Appleの音声アシスタント機能「Siri」に技術提供した実績がある 人工知能の分野に積極的な投資を行っている企業でもあります
5