ポーカー ハンド レンジ。 テキサスホールデムのハンドレンジ表(タイト編)

このように、 ハンドを絞るプレイ方法をタイトと言います これはスチールする側からすると魅力低下だし、BB側からするとより守るモチベーションになります
ローポケットはそんなに強くない 当然のことですが、これはフォーオブアカインドにはなりません
BTN(SB)のプレイヤーは強いハンドを持っている 基本的に初心者はタイト気味なレンジにするといいです
(原文は英語です) ポストフロップも同じで、1ハンド1ハンドではなくトータルで見た時に期待値がマイナスにならないプレイをすることで、(変な日本語ですが)弱いハンドでもしっかり損失を出すことで、強いハンドでもしっかり利益を出せています ハンドの種類と表記方法について ポーカーは、ジョーカーを抜いた52枚のトランプを使い、 2枚の手札で戦っていくゲームです
もちろん、ミドルポケット以上(77~)のポケットペアは非常に価値が高いハンドなので積極的に参加しましょう ひょっとすると誕生日が9月13日でK9だけハンドレンジに無関係にプレイしている可能性も否定はできませんが、普通の人間は「リニアレンジ」と言って強いハンドから弱いハンドに向かって線型的(リニア)にレンジを広げていくので、そのようなことは考えにくいです
13

これはかなりガチガチのタイトプレイですね。

ですが、ここで改めてBB側のリバーオールインレンジを確認するとQ6oというハンドが残っていることが分かるので、このハンドで再検討することにします。

もし自分がそういうプレイヤーで、周りからそう(超タイトでバリューはほぼナッツと)思われていることを理解していたとしたら、相手がまともならK以下のフラッシュでレイズしてくることはなく、相手のチェックレイズに対してKハイフラッシュはフォールドすることがレンジとオッズの考え上、正解になりえます。

ポジションとオッズを加味すれば、十分に元は取れます。

タイトプレイをするような人は、A6とかいう手なんて眼中になかったりします。

まず、フロップを「 ペアボード」か「 ペアボードでない」かに分類しています。