世間 の 情勢。 「昨今」の意味と使い方の例文|読み/社会情勢/最近との違い

上記の文は、新型コロナウイルスが蔓延して 世間を賑わせた頃によく使われた文例です。

1つは「少し前から現在までの期間」、2つ目は「近いうち」、3つ目は「今この時期」です。

「世情」の使い方と例文 「世情の中」「世情により」と使用できる 「世情」は、「今の世間の状況」や「世の中」という広い意味で「世情の中」あるいは「世情により」などの表現で用いられます。

田舎に引っ越してから、 世情に疎い人間になった。

情勢の英語表現 situation 英語のイディオム・例文 How do things stand? カカオの生産は、赤道の南緯20度、および、北緯20度以内の高温多湿な地域で栽培されます。

まとめ 「世情」とは、「世間の動き」や「世の中の有り様」という意味の表現です。

世情に通じている 「 世情に通じている」という言い方をする場合は、 2つの意味に分かれます。

スポンサーリンク 世情の類義語 「世情」の類語は以下の通りです。

「世間一般の動き・様子」や「世間の事情」を意味して「世情」と用いられることもあります。 また、電気毛布、電気カーペット用電源コードを製造販売開始。 ただし、この意味で用いられることよりも、先に挙げた「世の有り様」や「世間の事情」という広い意味で用いられることが多いでしょう。 誤用を避ける「鑑みる」の使い方 「現状を鑑みる」は誤用 「鑑みる」という言葉を使う時、耳にする「現状を鑑みる」や「失敗を鑑みて」という使い方。 このタイプの人は、大人になるまでの過程で他人に裏切られたり嘘をつかれたりというトラブルを経験してきませんでした。 情勢という言葉は、変化していく物事のその時々のようすや、今後どのようになっていくかの流れを表します。 「社会風土」• 情勢の情の字を使った別の言葉としては、心にある感じを起こさせる光景を意味する「情景」、落ち着いた気分やおもむき「情趣」(読み方:じょうしゅ)、気持ちが燃え立つことを意味する「情熱」などがあります。
59