約 ネバ エマ イラスト。 【約ネバ】ミニキャラの描き方まとめ

そしてノーマンは漸く本心を明かしエマの前で弱さを見せられるようになる。

また原作者によると糸電話は今までノーマンが風邪をひく度に作ってもらっていたらしい。

小説第1弾『ノーマンからの手紙』 ノーマンは出荷直前、エマに宛てた手紙を書いている際にハウスで起こった今までの出来事を思い出している。

また「別人の様に変わったノーマンにエマだけがノーマンだと気付く」という初期案があった事等も明かしている。

対するエマもノーマンを失った深い悲しみに打ちひしがれており、 「私は今までノーマンがいつも隣にいてくれたから頑張れたんだ」と彼女の中でのノーマンの存在の大きさが伺える。

病気がうつると心配するノーマンにエマは「じゃあうつせばいいよ そしたら一緒にいられるじゃない」と笑顔で言い、ノーマンは ドゥギャーン(恋に落ちる音)している。

ということは. 閲覧は自己責任でお願い致します。

漫道コバヤシでもノーマンのキャラクター紹介の際に上記と同様の事を説明しているが、 「それとは別に、ノーマンの恋は叶うといいですね」と発言している。

出荷により二人の関係は絶たれたが、ノーマンがエマに宛てた手紙に密かに立てていた計画を記しエマがそれを実行し無事脱獄に成功する。

自身の身元も分からないまま雪山の小屋で拾ってくれたおじいさんと過ごすうちに約二年が経過していた。

22

エマは一人で全て背負おうとしているノーマンを見抜き 「神様になんかならなくていいんだよ」と言葉をかける。

エマは秘密の狩庭ゴールディ・ポンドでと死闘中、腹部を貫通されその場で意識を失う。

すると何も思い出せないはずのエマは涙を流しはじめる。

エマはノーマンの事を「誰より強くて優しいけれど同じくらい臆病で傲慢だ」と彼の強さも弱さも理解し 「守ってくれなくていい 私はノーマンの隣を歩きたい」と言い放つ。

ノーマンはエマの為を想って残り少ない寿命を鬼のいない世界を遺す為に使おうとするが、鬼を絶滅させたくないエマに反対されてしまう。

41