アシナガグモ。 森の自然誌:クモの拡大写真

蜘蛛は成体になったオスとメスがまったく違う模様や色だったりする種類が多いです。

音に敏感で、近くで撮影することが難しいそうです。

逆に言えば、アシダカグモがいる家には必ずゴキブリがいるので、アシダカグモを追い出しても、家の中にゴキブリがいる限り何度でも侵入してきます。

網に複数個並べてぶらせ下げます。

「実家で遭遇することもあったのですが、苦手意識からいつも駆除していました」 その後、絵にできそうな生物について調べるうち、アシダカグモの情報に触れました。

普通、丸網は枠の内側に邪魔なものがない空間に網を張る。

特にアシナガグモ属では外雌器が形成されない。

きっと図鑑に掲載されていない種なのだと思います。

体長10~13mm。

前回、尾瀬のコモリグモを報告しました。

そのときの印象が強烈だったのか・・・よく考えると大型のクモを捕らえているのを見たのはその日の二個体だけだったかもしれません。

例えば、クロゴケグモのオスはメスのにおいから空腹の度合いを判断し、安全を確認してから交尾を試みる。

さらに、お尻の先が尖っています。

この行動に効果があるのは、オスの糸に含まれるフェロモンがメスを興奮させるか、リラックスさせるためだと考えられてきた。

また、では木の枝などの間に網を張るが、往々に網の中心が枯れ枝の一つにくっついてあり、そのために網全体がこの枝で二分される。

アシダカグモを一掃するには、まず屋内のアシダカグモの餌になりそうな 餌をバルサンなどで一掃し、次にアシダカグモもなるべく駆除し、最後に人家の隙 間という 隙間を全て塞ぎます。

96