ダイラタンシー 流体。 【なぜ】ダイラタンシーの原理に迫る

流体潤滑(HDL)と弾性流体潤滑(EHL)では、オイルのレオロジー特性が 重要な要素となります シアシックニングと摩擦 - 瀬戸亮平ら• 最近仕事で頭がいっぱいで完全に記事に集中しきれていないところがあるため、なんだかストーリーの詰めが甘くなっているんじゃないかと不安を感じています
多分、粒子がネバ~っと動くスピードより速い衝撃が来ると、その面の付近で 車の玉突き事故のような激突が起こって、それが後ろ側に伝わるスピードが事故車両で食い止められるような感じだと思うので、そう理解しておきます モノづくりにおいて原理原則というのはなくてはならないものです
しかし同じように粉粒体を液体に分散させた分散液(今までの例でいえば片栗粉と水を混ぜた液)に勢いよく変形を加えた時も似たような性質(固くなると同時に表面が乾く)が確認されることから、この「 分散液(流体)の粘度が高くなる」現象( シアシックニング)もダイラタンシーと呼べるでしょうということで、同じ原理を適用して議論されることがあったという歴史的背景があります ビンガム流体とは、私たちがよく使う歯磨き粉のような流体のこと
このようなクラスター内の粒子同士はほとんど接触するほど近接しており、 その結果、粒子間に働く潤滑力 lubrication force が支配的となって、 それによる散逸がずり粘化を引き起こすというのである 砂(小) … 野球部のグラウンドより• このとき、片栗粉の粒子(小さい粒々)が水にたくさん漂っている状態なんです
自分たちで計画して実行する難しさを改めて痛感した タイトル通り原理に迫っていこう(正解にたどり着くことはできない)と思います
体積が変化するのは粒子の配列が変わるためであり、固体・液体・気体の体積は全方向から圧縮すると変わる(圧縮力が減ると増える)が、粉粒体は せん断するだけで増える せん断速度が変わっても粘度は一定です
ところが急激な強い外力が加えられると粒子が粗な充填位置に移動し、最粗充填すなわち系充填になると空隙率は47. 上で述べたように、ダイラタンシーを起こす液体は分散液ですから、粒子を分散させるために混ぜようとすると ダイラタンシーが起きてしまい、撹拌する機械に負担がかかって困るということがあるようなのです それ以上の力がかかる最小値)を超えると、流動し出す
力をすばやくかけると急激に粘度が高くなって、固体のようにふるまう流体がこの世に存在しているよ~というお話でした ネットワークがこの表面(境界面)でロックされる
現実にこういった流体が存在することは分かりましたが、この現象は私たちの直感とは大きくかけ離れています "Nonequilibrium behavior of dense suspensions of uniform particles: Volume fraction and size dependence of rheology and microstructure" 6. 正反対の現象と言える液状化現象とダイラタンシー現象を起こし比較する
21

計算を簡単にするため粒子はある面内に並んでいるとする。

両者の大きな違いは、熱揺らぎに起因す る粒子のブラウン運動が無視できるかどうかにある。

ダイラタント流体は 粉粒体(粒子)を分散させた分散液です。

流体の内部で、隣り合った流体を動かそうとする時には上記のような考えがありますが、これは 温度が一定の時の層流状態における式になります。

この空隙を埋めるに足る水があれば系は静かに流れることができる。

このように「 加えられる変形の速度が速ければ速いほど粘度が上昇して固体のようになる」現象のことをダイラタンシーと呼んでいます。

これによって分散液のなかで、力の伝達が可能な粒子のネットワークが張り巡らされます。

99