教授 課題 提出 メール。 やばい…大学レポートの提出が遅れた際のお詫びメールの書き方

無難なメールの条件 レポート提出に無難なメールとして以下を守りましょう。

そこで、大学の先生へのメールの返信方法について紹介します。

締め切りに間に合わなかったならば、きちんと謝罪をすることも大切です。

その際は特に、マナーに沿って感謝の気持ちを述べることが大切です。

文頭で、「お忙しいところご返信いただきありがとうございます」と記載するのがベターです。

「データが壊れてしまったので提出が遅れてしまいます」という文で送りました そして、簡単にあなたの誠意を相手に伝える方法として服装に気を配るというのもあります
「乱暴な姿勢」です 自分がレポート提出する意思があることを伝え、 できるだけ早く送ることを伝える、これがポイントです
一方、わかりやすくしようと件名を長くすると、受信リストに表示される際に件名末尾が切れてしまいます 最後は相手のアクションを書くと良い 締めの前に重要なのが、「メールを受け取った相手はどうしたら良いのかを書く」ことです
現在取り組んでいる卒論orレポートについて、ご相談するお時間をいただきたく、ご連絡しました
学生は、もはやメールなどあまり使わないのだろう ただし、簡潔にしすぎて「ご相談です」など用件がわかりにくい件名は、メールを開いてもらえない可能性があるため注意が必要です