フルーツ バスケット 最終 回。 フルーツバスケットの最終回について

みんなの十二支の怪から解放されたあと、本家で全員が集まってそこで慊人が女性だという事実をみんなに告白します。

少しは違うかもしれません。

一方、もう一人の親友である、ありさも旅立ちのときを迎えようとしていました 依鈴が気になるのはやっぱり恋人「撥春」のこと
(配信情報は2021年6月時点のものです 「さようなら」とどこからか声がして、夾の目から涙が溢れました
「フルーツバスケットanother」のことなのか、• 由希は好きなキャラクターなので、もう少し幸せになってほしかったですね(汗) 涙なしには見られないと言えるものでした 透と夾は街を出る 夾は学校を卒業後、この街を出たいのだと透に打ち明けます
(C)高屋奈月 楽しい時間を過ごしていた彩葉ですが、あるとき、 かつて理由なく嫌われた同級生と出会います ハイスコアガール• 呪い解けて自信ついたのかな? いじわる度上がっててそこもまた素敵
(C)高屋奈月 彼の名前は、 草摩志岐 しかし、そんな中でもしっかりと愛情受けて育ち、不器用ながらも透を好きになって大切にしているところがすごく好きです!! 『フルーツバスケット』を無料・お得に読む方法 配信サービス名 配信状況 2021年7月現在:最新情報は各サイトでご確認ください. 離したくない
それぞれのエピソードが描かれています その少女に、おばあちゃん、おじいちゃんと呼ばなきゃダメよと語りかける女性
由希は急いで救急車を呼び紫呉は慊人に、 慊人が落としたのか、と聞きます また、母親の草摩楝(そうまれん)との確執や十二支に対する今までの束縛や仕打ちなどを後悔するようなシチュエーションが次々とできわきます
74

自分の弱音を受け止め、否定せずに受け入れて許してくれる透の存在に母のような安心感をもらった由希は自分を変えていこうと踏み出します。

これがなければ「本来の姿」である異形の怪物になってしまうはずですが、夾は夾のままで振り返り、透と二人で泣きながら抱き合います。

はとりは呪いから解けたこともあり、 南から旅をしようと恋人の繭を誘います。

より (C)高屋奈月 いやだって、もう、こんなの 理想じゃないですか。

幼い由希は精神的に不安定になっていた慊人に深く傷つけられ、小学校で初めてできた友達も呪いが原因で失ってしまいます。