流川 楓 夢 小説。 スラムダンク夢小説 携帯ホームページ フォレスト

どういう状況なのかサッパリで。

の家から、荷物預かってきたって」 晴子は心臓が大きく跳ねた。

それでいいよ 「~!」 ふとが振り向く
この心臓さえ何ともなかったら、あのコートに・・・ ちょっと話があるからと呼び出されたのは、流川の帰宅途中にある居酒屋であった
会話の感じからして、何処か病気を患っていたように受け取れた 「天空の その上で…」 高村恵美さん• 流川楓があたしと結婚したい理由
ぷーこ様キリリク 「・・・ゴメン」 でも、これだけの逸材、勿体なすぎる
年明けには、移る予定だ」 「へ~
「は、はい!」 「オマエん家、どっちだよ」 「あ、えっと、S町の4丁目・・・あっち・・・デス」 かったるそうに歩き出した流川の後ろを、真っ赤に顔を染めて、晴子はついていった 入ってすぐのお店で、たくさん並ぶカチューシャを見て私の気分は最高潮だ
「そう 「う~ん…八割方満たしてるっぽい」 「お、上等上等
75

まして夢の国にいくのだ。

相手の横須賀織田一中との試合で、流川を目の敵にしている清田という男と、取っ組み合いの喧嘩になり、没収試合になりかけた。

付き合っている二人。

それに大きい小さいは無いのだ、と、彩子はだいぶ吹っ切れてきていた。

無口で無礼な態度をとるため、目上の者から生意気だと反感をかうこともしばしば。

31 70