オーディオ の 足跡。 B級オーディオ・ファン 1980~90年代のオーディオ

・・・結局、バイワイヤリングは止めて、TA2020に接続しました。

アンプなども、メーカーのブラックボックスでは流行で終わることを感じ 早々自作で行くことに決めたのは、回路や音質が目まぐるしく変わった 時期を体感できたところが大きかったと思います。

- を申請し、抜本再建計画を発表• 2006年には創立60周年を記念して 、また2017年には創立70周年を記念して 、日本国内向けに「TRIO」ブランドを復活した限定モデルが発売されている。

なるほど、これがバランスがいいということなんですね。

まさにSimple is Bestです。

部品を交換しなければならない場合もあります。

オーディオに興味をいまだ持ち続けているみなさん,あるいは,かつ て興味を持っていたみなさん,この私と同じ思いをしている方もおいでる のではないでしょうか。

クラシック(ヴァイオリン)音楽の評論家なのに、歌謡曲やJ-POPの分野でも膨大な数のレコードを所蔵されオーディオ機器についても大変に造詣が深いという、ソフトにもハードにも精通された方でした。

そう いう意味では、遠回りしたことになりますが、当時の価格ではまず考え られないところもありました。

うまく並べれば4個あってもスピーカーだらけという感じはなくなります。

世界最高峰の技術の国産メーカーには、相応しい文化思想を持っていただき、日本人として世界に誇れる企業であって貰いたいと願っている。