テセウス の 船 ネタバレ 犯人。 【犯人ネタバレ】ドラマ『テセウスの船』全話あらすじ・キャスト一覧

黒幕・真犯人は、田中正志(せいや)でした! 12年前の音臼村祭のキノコ汁に毒キノコを入れたのは、田中正志の母親でした。

正志がみきおを殺害しようとした理由 正志はレコーダーを聞いてしまった。

職場の同僚の岸田由紀も父・文吾たちに紹介。

このカメラもたぶん重要な伏線と思う! 最終回ラストで、佐野だけがこの家系図を持っていて、死んでしまった心が、由紀と結婚して未来という子供が生まれていたという別の世界を知っていた! 「テセウスの船」8話伏線 井沢(六平直政)が正志(せいや)に「昔はいろいろあったけど、正志ももう村の一員だ」(お楽しみ会の準備中に) 徳本(今野浩喜)が「うちの母ちゃんも桜が好きだったな。

真犯人が車いすなわけ 自分は無傷なのは怪しまれるので、青酸を飲んで歩けなくなったように偽装していました。

犯人を知っていながら文吾にその罪を着せたのは、 犯人の一人と言っても過言ではないでしょう。

あの不気味な絵を描いたのは? 千夏ちゃん(湯本柚子)にパラコートを飲ませたのは? 山小屋に閉じ込められた明音ちゃん(あんな)を覗き穴から見ていたのは? そして、金丸さん(ユースケ・サンタマリア)を突き落としたのはどっち? 次々沸いてくるモヤモヤに答えをくれたのが、パラビで配信中の『テセウスの船 完全ネタバレ!犯人の日記大公開』。

使えない」ってワープロに書かれてそうで思わず震え上がります。

70
やがて迎える黒幕との対峙 さつきは高校生の頃に妊娠していた
父親を犯罪者に仕立てあげることで、鈴の父親への尊敬の念を打ち砕き、気持ちを自分へと向けようとしたのです しかし未来みきおはもう佐野のすぐ側まで迫っていた・・・! 佐野に刺そうとするみきお・・・! そんなみきおと佐野の間に心が割ってはいる! なんと心は自力で山小屋を脱出していた
その後、祖母にずっと育てられてきました 「風速計」と教えてくれたのはみきお
それは、心に究極の選択を迫るものだった 最後の最後まで視聴者を楽しませてくれた『テセウスの船』ですが、ひと息ついて改めてしみじみ振り返りながら、「はて?」と疑問に思いました
再審請求で、青酸カリを持ち出したのは自分だ、と言ってくれることが決まり、救われる可能性も見えてきた 車いすの男性の正体は? 鈴は、顔を変えて、藍と名乗っていた そのことで、鈴の父親の 文吾(鈴木亮平)がいなくなればいいと、事件を起こしました
使えない」ってワープロに書かれてそうで思わず震え上がります 明音がいなくなったときに、翼の様子が明らかに変だった
長谷川翼は、子どもたちに親しまれていますが、子供に対して特殊な趣味があって、好みの格好をさせて、写真を撮ります ミキオはまた文吾に襲いかかるが、文吾が発砲し、倒れた
こうして音臼小のお泊り会で劇薬入りの ジュース(心の2回目のタイムスリップで現代に戻ったときは、木村さつきが飲めない 牛乳に変化 父親の冤罪で苦しんだ鈴はもう昔の鈴ではない
そのきのこ汁に間違って毒きのこを入れてしまい、逮捕されたのが正志の母で、正志は当時、事件を担当していた文吾を逆恨みしていたのだ 1996年「キッズ・リターン」で俳優デビューし、 その年の映画賞を総ナメにするなど多くの活躍をしました
81