薬屋 の ひとりごと ガンガン。 薬屋のひとりごと 8

(語彙)話の進みが速いのはサンデー版です、じっくり進んでいくのがガンガン版 緩急のあるストーリー構成が非常に読みやすいので、ファンタジーが好きで難解なミステリーが苦手という方にもおすすめです
背景まで細かに書き込みつつ、物語を広くワイドに捉える傾向があり、それは同時に中華風世界を強く感じさせる効果につながっているため、中国文化に興味を持ったというツイートも数多く存在しました 電子書籍であれば、これらをシリーズでまとめてくれる機能がついているので、管理がとても簡単です
— どらやきや kosianmodoki この作品は同時期にビッグガンガンとサンデーGXの2つで連載されています 舞台は、古代中国の 漢 かんを思わせるような 皇帝の存在する帝国
なので作画があまり気にならずストーリーを楽しみたい方にはこちらをオススメします! なぜ2つあるの? 「薬屋のひとりごと 猫猫の後宮謎解き手帳」面白い 言ってみれば「猫っぽい」性格なのがビッグガンガン版の猫猫なのかもしれないですね笑
原作を知らない人だと、このシーンの理屈を理解するのに、少し手間取ってしまいますね 作中ではデフォルメ化した姿で描かれるなどして、 物語に緩急をつけたり、キャラの心情を伝えてきたりなどしてきます
賢い猫猫は数年間勤め上げれば解放されることを承知していたので、できるだけ問題を起こさないように能力を隠し、あまり人と関わらずひっそり働いていました どこかの妃が持ち込んだ猫ではないのなら、一体どこからこの子猫は迷い込んできたのだろうと猫猫は不思議に思うのでした
42 39 67